米Gap、NFTコレクションをローンチへ

GapがNFTをローンチ

アパレル大手のGapは12日、同社初となるNFT(非代替性トークン)コレクションをローンチすることがわかった。

NFTをローンチすることで、急速に発展するデジタル上のエコシステムにいる、既存の顧客と新しい顧客に象徴的なプロダクトを提供することが狙い。NFTの発行には暗号資産(仮想通貨)テゾス(XTZ)のブロックチェーンを採用した。

Gapは1969年創設のアパレル企業。本社は米国にあり、Gap以外にも「Banana Republic」、「Old Navy」、「Athleta」といったブランドを展開している。世界に広がる店舗の数は3,500店。公式ウェブサイトによると、2020年度の売上高は138億ドル(約1.5兆円)だった。

今回、NFTのデザインでコラボレーションするのは、上記ツイートのキャラクター「Frank Ape」で知られるアーティストBrandon Sines氏。Sines氏による作品の価値観のコアとなる「コミュニティ」、「クリエイティビティ」、「自己表現」は楽観性や平等を表現しており、これが「現代の米国における楽観主義」というGAPの価値観に通じるとした。

NFTの種類は「Common」、「Rare」、「Epic」、「One of a Kind」の4つにレベルに分類されるという。まずは価格が1番安価な「Common」から販売を開始。Commonの販売期間は日本時間の14日2時から16日1時59分で、価格は2XTZ(1,000円相当)だとした。その後も続けて、上記のレベル順に販売を行う。

今回のNFTコレクションには「ゲーミフィケーション」の要素を取り入れた。CommonとRareでパーカーのデジタルアートを入手すると、EpicでNFTを購入する機会が得られる。Epicではデジタルアートだけでなく、GapとFrank Apeがコラボした現物のパーカーも付いてくるという。

テゾスを選択した理由

テゾスのブロックチェーンを選んだ理由は、「地球に対して適切な行動をするためである」と説明。環境への影響に配慮しており、「テゾスのブロックチェーンはエネルギー消費を最小限に抑える特徴を持つ」と述べている。

コンセンサスアルゴリズムに「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を採用するテゾスのブロックチェーンは、ブロックの承認にコンピューターによる計算を必要とせず、「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」を採用するブロックチェーンよりも電力消費が少ないとされる。

Gapのデジタルやテクノロジーに関する部門の責任者は、今回の発表で以下のようにコメントを寄せた。

 

顧客と永続的な関係を築くというミッションの1つとして、我々は常に革新的であることを心がけている。

 

地球に優しいブロックチェーン技術が切り開く可能性や、顧客との新しいつながり方が生まれることに期待したい。

今後の計画については「今回の販売の後、まずは顧客がどのように、デジタルが主導する世界と関わりたいのかを見極めたい」と説明。その上で、今後も新しいデジタル体験の計画は行なっていくとした。

プルーフ・オブ・ステークとは

一般的には、保有(ステーク)する仮想通貨の割合に応じて、ブロックを新たに承認・生成する権利が得られるコンセンサスアルゴリズムのこと。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します