ライトコイン「開発放棄」の噂にチャーリー・リー氏が真っ向から反論

ライトコイン開発放棄の噂にチャーリー・リーが反論
CMC時価総額5位の仮想通貨ライトコイン(LTC)の開発者であるチャーリー・リー氏は、開発放棄状態にあるとの噂を否定。事実関係を明らかにすべく、開発手法とその背景について詳しく説明した。

ライトコイン開発放棄の噂にチャーリー・リーが反論

時価総額5位の仮想通貨ライトコイン(LTC)の開発者であるチャーリー・リー氏は、ライトコインが開発放棄状態であるとの噂を否定し、その背景を詳しく説明する一連のツイートを発信した。

「先ずは、事実関係を明確にしたい。」

ソーシャルメディア上には、特定の仮想通貨に対しての不安・疑念・不信(FUD)を煽る噂が度々現れるが、ライトコインの場合は、ソフトウェア開発プラットフォームGitHub上で、2019年には活発な活動が見られないことから、開発停滞の噂がくすぶっていた。

それに火をつけたのが、アメリカ最大級のソーシャルニュースサイトReddit に投稿された、リー氏と「ライトコイン財団幹部の会話」とされる一連のメッセージだった。

LTC Foundation chat leaked: no evidence of development, lack of transparency from CryptoCurrency

「リーク」として公開された内容では、リー氏がライトコインプロトコルに携わる有能な開発者不足について述べ、それに対し、開発が思うように進まない状況を危惧する財団側の返答となっている。

チャーリー・リー氏の反論

批判に対するリー氏の説明は、次のようなものだ。

  • ライトコインの8年に及ぶ歴史の中で、ライトコインコアに取り組んできた開発者は数人だった。(リー氏を含む6名)
  • ライトコインのコードは、意図的にビットコインのコードに近いものにしてあるため、ライトコインのリード開発者に必要とされるのはコードの統合であり、他の開発者の役割コードのレビュー、テスト、Gitian構築だ。
  • ライトコインのGitHubが、2019年には何の活動もしていないように見える理由:
  • 1. ライトコインに適用される更新のほとんどが元々ビットコイン向けに開発されているため、GitHubの性質上、元の開発日と開発者のみが表示されてしまう。

     

    Litecoin Core 0.17.1は今年5月にリリース済みだが、ライトコインの更新としては表示されない。

    2. ライトコイン開発者がGitHubのプロジェクトのマスターブランチで作業しないため。(コードを安全に保つための優れた実践方法)

         

    実際、ライトコイン開発者は個人用ブランチでバージョン0.18.1を開発中。

  • ライトコイン開発は上記のような開発手法で、これまでも行ってきたため、昨年もライトコイン開発は中止しているといった同じようなFUDが流布された。

2019年の成果と匿名技術の進捗は

さらに、今年はライトコインの認知と普及活動に時間を割き、米ナショナル・フットボール・リーグのマイアミドルフィンズの公式仮想通貨に採用されるなど大きな成果をあげていることを強調した。そのほかにも、アメリカで人気を博すKポップのコンサートとの連携や仮想通貨支払いのFlexaとの提携などの例も挙げた。

一方、期待を集めている匿名取引を可能にする匿名技術ミンブルウィンブル(Mimblewimble)の実装に関しては、関与できる時間が限られ、進展が遅れていることを謝罪した。そして、今後は、ライトコインの進展や活動についてもっと頻繁に更新し、コミュニティとのコミュニケーションを改善する努力をしたいと結んでいる。

ライトコインは8月5日に、4年ぶり、2度目の半減期を迎え、マイニング報酬が25LTCから12.5LTCに半減されたが、特に大きな動揺もなく無事、実行が終了している。

デジタルゴールドとしてのビットコインに対し、日常的に使われることを目的として作られたライトコインは、銀(シルバー)に例えられることが多い。SegWitを導入し、速く安く安全に決済が可能で、積極的に企業との提携も行い、決済サービスへの実用化が期待されていることから、根強いファンも多いようだ。 

コミュニティとの連携は、仮装通貨の成功に大きな影響力を持っているため、ライトコイン開発者側からの積極的なコミュニケーションが望まれるところだ。

CoinPostの関連記事

半減期を終えたばかりのライトコイン、ハッシュ値下落でビットコイン(BTC)市場にも警戒感
半減期を終え、安定水準を保っていたライトコインのハッシュレートが下落。最新のビットコイン市場と今後の注目点も交え解説。
トロン代表が落札したバフェット「5億円昼食」、ライトコインのチャーリー氏もゲスト参加へ
TRONのCEOが、世界三大投資家バフェット氏との会食権を5億円で落札した件で、ライトコイン開発者のゲスト参加が判明した。ゲストは最大7名まで招待可能で、高い関心が集まっている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら