米アマゾンが開発するブロックチェーン、AWSが提供するクラウド上で利用可能に

Amazon Managed Blockchainがクラウド上で利用可能に
AWSが独自開発を行うプライベートチェーンが、AWS CloudFormation上で利用できるように。事業者はAWS上でエンタープライズ向けブロックチェーンアプリケーションの開発が容易になる。

AWS CloudFormation上でブロックチェーン構築が容易に

Amazon Web Services(AWS)は、同社が独自に構築するプライベートブロックチェーン – Amazon Managed Blockchainと同社のクラウドストレージサービスの接続を完了したことを明らかにした。

同社ウェブサイト上での発表によると、AWS上でのリソース管理を簡易化するサービス – AWS CloudFormationを用いて、このブロックチェーンの利用が可能になる。

Amazon Managed Blockchainは、AWSが開発を進め、提供を行うプライベートブロックチェーンであり、複数のAWSアカウントによるプライベートチェーンネットワークの構築を行うことができる。

 

CloudFormationがManaged Blockchainに対応することにより、新規にブロックチェーンネットワークを作成し、ネットワーク構築の要件定義を行ったり、アカウントを作成してそのネットワークに参加したり、そのアカウントやネットワークの詳細(投票規約など)に設定したりすることが可能。

本サービスの目的は、エンタープライズによるブロックチェーンネットワークを用いたアプリケーション開発の簡便化だ。

本来、サードパーティが提供するプライベートブロックチェーン構築ツールを用いて行わなければならなかったアプリケーション開発の煩雑なプロセスをAWS上で一貫して行うことができるようになる。ウォレット管理も行う必要がなく、AWSのアカウントによってアクセス権限付与などのマネジメントが可能になる。

同社は、「Amazon Managed Blockchainは、ネットワーク作成に必要な最初のハードルを排除し、数百万のトランザクションを実行する数千のアプリケーションのニーズを満たすよう自動的にスケーリングする」と話す。

CoinPostの関連記事

ニュージーランド、仮想通貨による給与支払いへの課税ガイダンスを発表
ニュージーランド税務当局は、仮想通貨による収入を合法と判断し、給与または賃金取得者に対する支払いに辺り、どのように課税されるべきかのガイダンスを発表した。現時点において、暗号資産を「給与や賃金と見なすことはできない」理由についての見解も示した。
独大手保険会社、ブロックチェーンを活用する決済用「デジタルトークン」を開発中
独保険会社大手「Allianz」は、ブロックチェーンを活用し、デジタルトークンの開発を進めている。このトークンを支払いで利用されることで、200の国と地域に広がる顧客の送金処理の効率化を狙う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら