「1年で大きく変わった」ビットコインETF承認に自信を示すワケーBitwise CEO 最終判断は10月13日

ビットコインETF許可に強気
10月13日にビットコインETFの最終可否判断を予定するビットワイズのCEOが、申請が許可されることに自信をのぞかせた。その理由と今後ETFが関わる仮想通貨市場の展望とは?

ビットコインETF許可に強気

ビットワイズのCEO、Hunter Horsley氏は、ビットコインETFの規制当局における承認の見通しについて、楽観的な考えを持っていることを明かした。ビットワイズ社グローバルリサーチ部門責任者のMatt Hougan氏とともに、昨日Bloombergのテレビ番組「ETF IQ」に出演した。

CEOのHorsley氏は、SECによる今回の承認判断延期も、主に手続き的なものだと見ており、大きく問題視していないと言及。承認確率に関しては、15%と述べた司会者に対して、1年でETF関連に大きな進展があるとして、(最終可否判断の)タイミングになればわかると言及するなど、自信をのぞかせた。

アメリカ証券取引委員会(SEC)は、VanEck社ならびに、Bitwise Asset Management社(以下、ビットワイズ)のビットコインETFに対し、再度、承認判断を延期する決定を下しており、Bitwise Asset Management社は最終判断日程を10月13日に予定している。

自信の理由は?

SECは比較的オープンに承認のために必要とされる要素(カストディや信頼できる成熟した市場)を公表しているが、「この1年間で、 ETFを取り巻く状況には、大きな進展がみられた」と言及し、非承認となった前回のETFの申請状況から状況が変わっているとした。

Hougan氏が語る進展には、国際金融企業 Jane Street CapitalやSusquehanna社の参入に加え、スプレッドおよび裁定取引の改善が挙げられた。

また、カストディを担う企業の多くが、大手保険会社Llyod’s of Londonと手厚い保険契約を結んでいることも指摘。市場が成熟したことによって、昨年1月にSECが表明した懸念は、今では解消されている主張した。

アメリカにおけるビットコインETF承認はどのような意味を持つのか

司会者から、すでに市場で取引されているスエーデンのETNやスイスの仮想通貨バスケットETP等のヨーロッパにおける仮想通貨投資商品とは対照的に、アメリカのビットコインETF承認が世界中から大きく注目される理由について尋ねられると、Hougan氏は、次のような、あまり話題に取り上げられてこなかった側面を取り上げ、説明した。

ビットコインETFがアメリカにおいて重要なのは、ファイナンシャルアドバイザーが抱えるマーケットを解放するからだ。 これまで、仮想通貨業界は、コインベース、ジェミニ、クラーケンのような取引所を通して個人投資家市場に、もしくはAndreessen Horowitzのようなベンチャーキャピタルを介して、機関投資家市場にフォーカスしてきた。 しかし、アメリカの資産の半分は、ファイナンシャルアドバイザーによって管理されている。そして現在、彼らが(仮想通貨)市場にアクセスするのは非常に困難だ。

金(ゴールド)ETFの承認によって金投資へのアクセスが広がったように、ビットコインETFの承認によって、新しい仮想通貨という分野を「アメリカの財産の主要なセグメント」に解放することになるとHougan氏は述べ、承認された場合、そこには大きく確かな需要があると強調した。

また、価値の保存手段としてのビットコインと金の比較について意見を求められると、Hougan氏は、新しい価値の保存手段が市場に登場する際には、信頼の欠如から、価格変動の大きさはつきものであると述べ、1971年に金本位制が廃止された際の、30%から40%という大きな金の価格変動を引き合いに出して説明した。 対比されたビットコインの平均価格変動率では、1日平均10%だったビットコインの価格変動は、この5年で1日4%に下がり、ビットコインの価格変動は落ち着いてきていることも指摘している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら