【公式発表】Bakktのビットコイン先物取引が9月23日に開始 発表受け仮想通貨市場は上向く

Bakktのビットコイン先物が開始へ
Bakktのビットコイン先物取引が開始することがわかった。カストディサービスの提供と共に2019年9月23日に開始する。発表受けBTC市場も高騰。

>Bakktのビットコイン先物、9月23日に開始

米国でビットコイン先物取引の提供を目指すBakktが、先物とカストディサービスの提供を2019年9月23日に開始することを明かした。先物取引の正式なローンチ日時が明かされたのは初めてだ。

Bakktは、規制の課題など諸事情でローンチ日時を数回延期、7月23日に「ユーザー受け入れのテスト(UAT)」を開始していた。米ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)にサービスを開始するために必要なカストディアンの認証が必要な状況にあった。

今回、NYDFSからの承認が下りたほか、BakktはCFTCの「自己認証」プロセスを通じて現物決済ビットコイン先物取引のローンチも可能になった。

Bakktの公式発表は以下の通りだ。

  • Bakktのビットコイン先物は「セルフ承認」を通してCFTCの承認を受けた
  • ニューヨーク州の金融サービス局からは「信託ライセンス」を取得
  • 信託ライセンスを有し、Bakktは適合カストディアン「Bakkt Trust Company」に
  • Bakktウェアハウスは現物決済ビットコイン先物のBTCを保管することが可能に。

提供される先物は、BTC現物決済の日間契約と月間契約の二種類。決済時の価格は現物市場の価格を基準にしない。

発表によると、現物市場の価格に頼らないことで、ビットコインのベンチマーク価格における透明性の高い価格発見機能を発揮することができるため、現物市場の価格操縦問題や取引所の一貫性のない資金洗浄対策によるリスクを回避することが可能になるという。

Coindeskの取材に応じたBakktのCEO Kelly Loeffler氏は、日間契約と月間契約におけるマージン取引が可能になると言及した。

ビットコイン価格も今回の発表を受け上昇し110万円の前日比3.7%高まで高騰した。Bakktの先物取引のローンチは、今四半期中との証言が複数で見られていたが、公式発表がなかったことでサプライズ的な発表としてとらえられた。

CoinPostの注目記事

米Seed CX子会社、世界初となる現物決済ビットコイン・スワップの試験導入実施
米シカゴに拠点を置く仮想通貨取引所Seed CXの子会社は、仮想通貨における現物決済のビットコイン証拠金スワップのユーザー受け入れテストを開始した。機関投資家をターゲットにするという。
Bakktビットコイン先物提供はもうすぐ? 親会社ICEのCEOがローンチ匂わす
ニューヨーク証券取引所の親会社ICEのCEOが、Bakktが提供を予定する現物決済ビットコイン先物が「近いうち」に誕生すると言及。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら