ビットコインキャッシュが11月15日頃にハードフォークを予定、シュノア署名の拡張などアップデート

ビットコインキャッシュが11月にハードフォークを予定
Bitcoin ABCは、ビットコインキャッシュが11月15日頃に新たなハードフォークを予定していることを発表した。シュノア署名の使用可能範囲とトランザクションセキュリティの向上が主なアップデート内容となる。

ビットコインキャッシュが11月にハードフォークを予定

ビットコインABCは、11月15日頃にビットコインキャッシュプロトコルのハードフォーク(大型アップデート)を予定していることを発表した。

Bitcoin ABC 0.20.0へとアップデートされる。

次のアップデートで機能の向上が見込まれるのは、以下2点となる。

  • シュノア署名の拡張
  • トランザクションのセキュリティ向上

1つ目のシュノア署名の拡張は、OP_CHECKMULTISIGというオペコードでもシュノア署名が使用可能になるといった内容だ。そのアップデートをもって、OP_CHECKMULTISIG、OP_CHECKSIG、OP_CHECKDATASIGといった3種の署名検証全てでシュノア署名が使用できるようになる。

シュノア署名とは

複数人の署名(マルチシグ)による送金のデータサイズを大幅に削減できることを特徴とする、電子署名アルゴリズムの1種。ビットコインやイーサリアムも採用する電子署名アルゴリズム「ECDSA」と比較して、スケーラビリティで優位性があるとされる。

なお、ビットコインキャッシュは今年5月のアップデートで、ECDSAからシュノア署名へと電子署名アルゴリズムを変更している。

もう1つは、スクリプトにおけるMINIMALDATAの実施だ。これによって、BCHネットワーク上のほとんどのトランザクションが攻撃不能になるという。

以上が主なアップデート内容となるが、現在、アップグレード機能を試用およびテストできるテストネットも利用可能になっている。

ハードフォークに伴う取引所の対応などにも今後も注目していきたい。

CoinPostの関連記事

香港デモの支援物資にビットコインキャッシュ(BCH)の支援金を利用 国際間仮想通貨送金の特性に注目集まる
大規模デモが続く香港で、デモ隊に配られた水や傘に世界からの募金で集まったビットコインキャッシュが利用された。
仮想通貨イーサリアム共同創設者ヴィタリックが「ビットコインキャッシュ・チェーン」導入を推薦した理由
仮想通貨イーサリアムが慢性的に抱えるスケーラビリティ問題の解決策として、ヴィタリック・ブテリン氏がビットコインキャッシュ(BCH)のブロックチェーンの利用・統合を提起した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら