CoinPostで今最も読まれています

VanEckが機関投資家限定のビットコイン商品を提供へ 「ビットコインETFではない」理由を著名弁護士が指摘

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

VanEck社が機関投資家限定のビットコイン投資信託を提供に
米ETF専門ファンドのVanEck社は、機関投資家に限定した「ビットコイン信託投資」の提供を9月5日より開始すると発表した。著名業界弁護士は、これがビットコインETFではないと指摘、その理由を説明した。

VanEck社が機関投資家限定のビットコイン投資信託を提供に

米ETF専門ファンドのVanEck社とスポンサー企業SolidX社は、機関投資家に限定したプライベート「ビットコイン投資信託」の提供を9月5日より開始すると発表した。

VanEckの公式発表では、当商品「VanEck SolidX Bitcoin Trust 144A Shares」は、米国証券取引委員会(SEC)の「規則144A」に準じて、9月5日より適格機関投資家への取引を開始する。

商品の提供には、私募証券の販売が機関投資家に限定する場合など複数の条件下で許可される米SECの免除規定制度を利用する。

ビットコインETFではない

「VanEck SolidX Bitcoin Trust 144A Shares」の商品のローンチを受け行われた報道では、ビットコインETFとして取り上げられるものもあったが、昨年より申請が行われているビットコインETFとは異なるとした指摘が行われた。

業界に精通する著名業界弁護士Jake Chervinsky氏は、この商品はETFではなく、すでに存在しているグレースケール社のビットコイン投信「GBTC」に類似した投資信託であると指摘する。

GBTCは現在239,055.5BTCの資産を取り扱う業界大手の投資信託で、機関投資家などから法定通貨換算で23億ドル(約2440億円)に相当する資金が投じられている。

Chervinsky氏は、「(今回利用された)規則144Aは、ETFに適用する基準と規定にはほぼ関連していない。」と説明。

商品の違いとしては、ETFはSECの承認を踏まえた上で主要取引所に上場し、個人投資家と機関投資家も同時に参加できるメリットを持つ事に対して、プライベートの投資信託は適格機関投資家に限定するため、厳格に規制されている商品としての確立や、投資家保護などの恩恵がもたらされない、と続けた。

あくまでも、今回の商品の提供は、ビットコインETF申請に係る申請プロセスではなく、免除規定制度を利用することで、規制上のハードルを迂回したものであるとの指摘となる。

ETF許可の利点として、機関投資家がビットコインの取引を行う上での懸念を払拭することで、ビットコイン市場への呼び水になるとの期待もあるが、投資家保護も含め、ビットコイン市場における懸念を払拭し、米SECに正しく許可されることの意味があってこそ、その意味を成すと考えることができる。

VanEck社とSolidX社は、「ビットコインETF」の申請に関して、米SECへの申請を行なってきたが、当局の判断は延期する形で、実現には至っていない。

申請の可否判断延期には、ビットコインにおける市場操作の可能性など、懸念点が理由にあがっている。各社これらの懸念を払拭する説明や仕組みを構築した上で、申請(再申請含む)に臨んでいる。

承認可否の最終判断は、VanEck版が10月18日、Bitwise版が10月13日。(VanEck版と Bitwise版の ETF申請に関しては、3回目の延期判断となり、これ以上の延期はできない。)

Wilshire Phoenix社のETFは、9月29日まで(さらに150日の判断延期も可能)、と数社控えている状況だ。

参考資料:VanEck公式発表

CoinPostの注目記事

「1年で大きく変わった」ビットコインETF承認に自信を示すワケーBitwise CEO 最終判断は10月13日
10月13日にビットコインETFの最終可否判断を予定するビットワイズのCEOが、申請が許可されることに自信をのぞかせた。その理由と今後ETFが関わる仮想通貨市場の展望とは?
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/05 月曜日
16:50
bitFlyer、ZPG取り扱い開始へ
国内仮想通貨取引所bitFlyerが金(ゴールド)価格との連動を目指すジパングコイン(ZPG)の取り扱いを開始すると発表。基盤技術としてbitFlyer Blockchainのmiyabiを採用している。
14:30
TEAMZ WEB 3.0 SUMMITが開催決定
TEAMZは11月29日、日本最大級となるWeb3カンファレンス「TEAMZ WEB 3.0 SUMMIT 2023」の開催日を発表。来年4月6日(水)〜7日(木)の2日間の日程で東京・虎ノ門ヒルズで開催される。
14:20
ETH時価総額、BTCを追い抜けるのか丨動画解説
なぜ有識者はイーサリアムの時価総額がビットコインを抜かせると考えるのか?大型アップグレード「マージ」で変化した重要点など、市場の売り圧力についてWeb3企業HashHubの平野CEOが解説。
13:15
運営停止中の仮想通貨取引所AAX、業務再開は困難か
運営停止中の仮想通貨取引所 Atom Asset Exchangeが、FTX破綻後の次なる犠牲となるのか憶測が広まっている。11月末に辞任したコミュニケーション担当責任者は、同取引所が通常業務を再開するよりも、「法的手続きに移行する」可能性の方が高いと指摘した。
12:54
みずほやSBI、Datachainと相互運用性に関する技術連携を開始
株式会社Datachainはみずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社とSBI R3 Japan株式会社とのクロスチェーン技術における技術連携の開始を発表。相互運用性のユースケースを検討していく。
12:25
ドル指数続落で仮想通貨にも追い風、好材料のAVAXなど上昇
暗号資産(仮想通貨)ではドル指数(DXY)の続落を受けビットコインやイーサリアムが反発。アルトコイン相場では好材料の出たアバランチ(AVAX)やアプトス(APT)が上昇した。
12:00
ギャラクシーデジタル、セルシウス傘下企業を買収
米大手仮想通貨投資企業ギャラクシーデジタルは、カストディ企業GK8を買収すると発表した。破産申請したセルシウスの事業売却に伴うオークションで落札した形だ。
11:20
博報堂、Web3合弁会社を設立
広告大手の博報堂は仮想通貨アスターネットワーク(ASTR)の開発を手がけるStake TechnologiesとのWeb3合弁会社「博報堂キースリー」を設立。国内でのWeb3ハッカソンの企画や運営を強化していく。
10:12
ジェネシス、ジェミナイに1,000億円超の債務=報道
仮想通貨仲介事業者ジェネシスとその親会社DCGは、仮想通貨取引所ジェミナイに約1,200億円の債務を負っている。ジェミナイは資金回収について両社と交渉中だと伝えられる。
12/04 日曜日
12:00
「老後2000万円」問題とは、日本政府が投資をすすめる理由
「老後に2000万円が不足する」というフレーズを目にして、自分の将来や退職後の資金不足に漠然とした危機感を抱いている方が増えています。そこで、「老後2000万円問題」から現状の金融の問題を紐解き、ひいては投資の必要性についても詳しく検討していきましょう。
11:30
BTC中期レンジ下限の1.76万ドル周辺に注目|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、底堅く推移した今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|バイナンスの日本進出に注目集まる
今週は、仮想通貨取引所バイナンスの日本進出に関するニュースが最も多く読まれた。このほか、バイナンスの通貨ペア廃止や、BlockFiの破産申請など、一週間分の情報をお届けする。
09:00
メタマスク共同創設者、「アップル税」に反対表明
仮想通貨ウォレット「MetaMask」の共同創業者は、30%のアプリ内購入手数料を強制するアップル社App Storeのポリシーを「独占の乱用」と批判した。
12/03 土曜日
15:00
アリババクラウド、アバランチのインフラ提供をサポート
Alibaba Cloudは、バリデーターの設置用途を含む、各種インフラストラクチャーの提供でアバランチブロックチェーンをサポートすることを発表した。
14:00
スリーアローズキャピタル清算人、資産掌握状況を報告
スリーアローズキャピタルの清算人企業は、清算プロセスの進捗状況を報告。現金、仮想通貨、NFT、証券などの資産を掌握したと発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧