新デリバティブ取引所「バイナンスJEX」、BNB所有者に独自通貨のエアドロップを発表

Binance JEX、1200万ドルの独自通貨をBNB所有者に配布
仮想通貨デリバティブ取引所「バイナンス JEX」は、10BNB以上の保有者を対象に、独自のJEXトークンのエアドロップ方法を発表した。JEXにおける取引手数料の値引きや優待に利用される。

Binance JEX、独自通貨をBNB所有者に配布

バイナンスが先日買収した仮想通貨デリバティブ取引所「JEX」=現在「バイナンス JEX」は、認知度向上キャンペーンの一環として、独自のプラットフォーム仮想通貨「JEXトークン」の無料配布を発表した。JEXトークンは、取引手数料の値引きや取引所の早期テストに関わる待遇などで利用されるという。

BNBの所有者を配布対象として、計1200ドル分、2億のJEXトークンを配布するという。JEXトークンの配布は、初回配布と毎月の配布の2種類がある。

配布条件は、「9月6日9時〜10月6日9時」の期間において、本家バイナンスにてユーザーが最低10BNBを同期間中保有し続けることだ。

毎月におけるエアドロップは、バイナンス JEXにおける、月の運営利益の30%に相当するJEXトークンを配布する。なお、毎月の配布は1年間かけて行われる予定だ。

バイナンスは、今月2日にJEXを買収したことを発表した。そして「バイナンス JEX」として、バイナンスのユーザーに先物、オプション、無期限契約の取引を初めとする複数のデリバティブ商品を提供する予定だ。

関連バイナンスがデリバティブ取引所を買収

参考:バイナンス JEXの公式発表

CoinPostの注目記事

バイナンス初、NY州金融当局の認可で米ドルステーブルコインをローンチへ
仮想通貨取引所バイナンスはNY州金融当局の認定のもとで米ドルにペッグした新たなステーブルコインを今月中にローンチする。最初はBTC・BNB・XRPとのペアを提供。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら