ビットコイン急落 1時間で14万円幅 海外取引所で7万BTCのロスカット連鎖

BTC、大幅続落
ビットコイン市場が急落、3時30分に日本円で100万円を割ると、約1時間で14万円近い(1400ドル)下落幅を伴う市場下落を記録した。

ビットコイン市況

ビットコイン市場は25日未明、相場が急落した。3時30分に日本円で100万円を割ると、約1時間で14万円近い(1400ドル)下落幅を伴う市場下落を記録した。

ビットコイン市場急落に伴い、米Coinbaseでは取引障害が一部発生。他のマーケットと500ドル近い乖離が確認された。(復旧済み)

BitMEXではロスカット連鎖が発生。LSポジション推移で、ロングポジションのロスカット数が70,000BTCに達している。

一方、日本時間深夜帯に発表されたニュースで重要な報道は以下の二点。

  • テザー裁判動向:BitfinexとNYAGが争う裁判で、不正疑惑に関する書類を司法当局に提出する必要がないと裁判所が判断(ニュースを見る
  • ビットコインETFの動向:WilshirePhoenixが申請するETFの審査を米SECが正式に開始 パブコメは継続へ(ニュースを見る

該当ニュースはどちらもポジティブな動向だ。相場急落に及ぼす市場ニュースとしては、23日より確認されたビットコインハッシュレートの異常値以外に、サプライズ要因は見られていない。(後述)

CoinPostに市況を寄稿するタキオン氏の最新見解によると、日足のローソク足で陰線が続き、非常に弱いプライスアクションが続いており、25日移動平均線は75日移動平均線とのデットクロスも確認。テクニカル的にも買いにくい相場となっていた。

チャートで示した三角持ち合いの終端付近に差し掛かっていたことも、買いが消極的になっていた要因にあると指摘している。

一方、200日平均線(チャート内:赤)が厚いサポートラインとして機能すると見ており、8000ドル~8500ドル付近で長期的な買い圧力が強まるとした。

関連:下落したビットコイン相場の行方とアルト市場を独自考察|仮想通貨市況(タキオン)

ハッシュレート動向

昨日40%もの急落が確認されたハッシュレートの動向は、まだ最新の動向が見えておらず、データの誤りであったか、マイナーの一部撤退か、状況は見えていない。

一方、昨日CoinPostが指摘した、BTC.comのプールステータスに伴う異常値は回復しており、9時に更新されるハッシュレートの更新データの確認を待つ形になる。

BTC価格とハッシュレートは、下の比較図のようにハッシュレートの成長線に前後するようにビットコイン価格が推移する重要指標で、長期的に高い成長線を描いていることから、40%のハッシュレート急落の真相は、中長期市場で把握したい動向となりそうだ。

関連:ビットコイン(BTC)の暴落要因を探る、Bakkt先物取引高は増加傾向に

関連:BTC採掘ハッシュレート40%もの急落要因を探る、過去2年間で最大幅


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら