SDGs未来都市:鎌倉でDLT活用コミュニティ通貨の実証実験へ|面白法人カヤック

カヤックがSDGs事業を受託し鎌倉でコミュニティ通貨実証へ
面白法人カヤックが開発を進めるコミュニティ通貨『まちのコイン』の実証実験が、SDGs未来都市に選定された「鎌倉」で11月より行われる。神奈川県の進める関連事業を受託した。

株式会社カヤック、鎌倉で分散台帳技術活用のコミュニティ通貨実証実験を実施

株式会社カヤックが開発を進めるコミュニティ通貨『まちのコイン』の実証が11月に鎌倉で行われることが同社のプレスリリースで発表された。

年内に実証実験が行われたあと、2020年春に導入することを予定しているという。

同社の開発する『まちのコイン』は、分散台帳技術(DLT)を活用しており、地域のユーザーはQRコードによってポイントを獲得することができる。

プレスリリースによると、ポイントは地域の活動などに参加することで獲得でき、加盟店などで利用することができるという。

今回の実証はカヤック株式会社が神奈川県が実施するSDGsつながりポイントシステム構築業務を受託したことによるものだ。

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年に国連が採択した。SDGsには17の目標が設定されており、その中には『住み続けられる街づくりを』といった目標が含まれている。

神奈川県は、環境に配慮した持続可能な取り組みを長年続けており、その取り組みがSDGsの枠組みからも評価された結果、国のSDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業の両方に、全国で唯一選ばれている。

本事業はその取り組みの一環となり、今回カヤックが受託したことによって鎌倉で同社の開発する地域コミュニティ通貨の実証実験が行われることとなった。

コミュニティ通貨によって地域で行われる活動に住民、企業、自治体の参加を促し、他人事ではない『地域活性化とSDGsの“自分ごと化”』を目的としている。

面白法人カヤックについて

株式会社カヤックは、鎌倉資本主義というワードを掲げて鎌倉を拠点に活動しており、アプリや広告など、多様なコンテンツ制作を手がけている。鎌倉資本主義とは地域固有の魅力を資本と捉え、企業や自治体などの様々なプレイヤーが協力し、その資本を活かしていこうとするものだ。

今回のまちのコインも地域コミュニティの活性化を手助けし、地域における課題の解決に繋げようとするもので、鎌倉資本主義に沿った取り組みとなる。

CoinPostの関連記事

BYTHESEA.online|ブロックチェーンを活用した地域通貨で環境問題などの解決目指す
株式会社ダースーが運営するライフスタイルメディア・「BYTHESEA.online」は、ブロックチェーンを活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」のテストプロジェクトを7月15日の海の日にあわせ開始した。
仮想通貨のブロックチェーン技術を使用した「電子地域通貨」が普及し始める、岐阜県飛騨市では5.4億円が決済利用
木更津市・飛騨市で地域通貨「アクアコイン」が重宝されている。BTCのような価格変動はなく、1アクアコイン1円の価値で利用できるステーブルコインとなる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら