仮想通貨イーサリアム(ETH)大型アップグレードで一部スマートコントラクトが停止に

「イスタンブール」で一部スマートコントラクトがストップ
ETHガバナンスプラットフォームAragonのCTOは、イーサリアムの次期大型アップデート「イスタンブール」によって680のスマートコントラクトが使えなくなる可能性があるとの見解を示した。

「イスタンブール」で一部スマートコントラクトが停止

ETHガバナンスプラットフォームAragonを主導するAragon One社のCTO Jorge Izquierdo氏は、イーサリアムで予定されている次期アップデート「イスタンブール」によって同社が現在使っているスマートコントラクトのうち680個が使えなくなる、との見解を示している。Coindeskが9月30日に報じた。

イスタンブールではイーサリアムネットワークのいくつかの問題を修正するが、これまで機能していたものが機能しなくなる可能性もあるようだ。Izquierdo氏は同社にとってこれは不幸なトレードオフであるが、イスタンブールアップデートの必要性は十分理解していると話した。

Aragonに主に影響を与えるアップデートはEIP(提案)1884と呼ばれる。ブロックチェーンのサイズが大きくなるにつれて計算量は増加したが、イーサリアムで計算を行う際の手数料(ガス代)が低いままであることで、ネットワーク上に不均衡をもたらしていた。

EIP1884では、ネットワークの過負荷を軽減するため、計算量の多い操作の手数料を引き上げることで、この不均衡を改善する。

このアップデートはAragon以外のプロジェクトにもスマートコントラクトの停止やトランザクション手数料の上昇を引き起こす可能性が予想されるという。

関連Ropstenテストネットで一時チェーン分岐

参考:Coindesk

CoinPostの関連記事

‪イーサリアム大型アップグレード「イスタンブール」のテストネット、10月始め頃に延期‬
イーサリアムの大型アップグレード「イスタンブール」について、9月4日に予定されていたテストネットの起動が10月2日頃へと延期されることが分かった。これに伴い、10月4日に予定されていたメインネット立ち上げも後ろ倒しされる可能性がある。
仮想通貨イーサリアムの中・長期上昇要因を考察、大型アップデート「イスタンブール」など
2019年以降、好調に推移するイーサリアム価格。中・長期の上昇要因として、次回大型アップデートイスタンブールなど、直近でいくつかの好材料が挙げられる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら