SBIとヤフー親会社ZHD、金融サービスで業務提携

SBIとZホールディングスが業務提携
SBIHDとヤフー運営のZHDは10日、傘下のグループ会社間において業務提携を発表した。証券、FX、銀行の3分野で活用を図る。両グループは仮想通貨・ブロックチェーン事業も手掛けおり、今後の連携も期待される。

SBIとZホールディングスが業務提携

ヤフーを手がけるZホールディングスとSBIホールディングスは10日、傘下のグループ会社間において、業務提携を行うことを発表した。証券、外国為替証拠金(FX)、銀行の3分野で、商品やサービスの相互活用を図る。

SBIHDは創業以来、「顧客中心主義」の経営理念のもと、20代~40代の現役世代を中心とする顧客に対してインターネットをメインチャネルとする革新的で利便性の高いさまざまな金融商品・サービスを提供しており、482万口座を有するオンライン総合証券のSBI証券をはじめ、オンライン金融サービス業界屈指の事業基盤等を有している。

一方、ヤフー株式会社を傘下に持つZHDは、金融事業を統括するZフィナンシャルを設立。通信環境やデバイス、技術の進化によって変化する顧客ニーズや市場環境を捉えて、業容拡大と事業成長に取り組んできた。

このたび、両グループの強みやノウハウ等を活かした、各金融サービス事業間(証券分野・FX分野・銀行分野)での業務提携を通じ、それぞれのシナジーを追求することで、より使いやすい金融サービスを提供し、両グループの事業の成長・拡大を目指す。

Zホールディングスは、2019年10月1日に持株会社体制に移行し、商号を「ヤフー株式会社」より「Zホールディングス株式会社」へ変更。グループ全体の戦略立案と子会社の経営管理を担当する。

同社子会社には、ヤフー前社長の宮坂学氏が社長を務め、仮想通貨・ブロックチェーン関連事業を手掛ける「Zコーポレーション」も含まれる。

仮想通貨の事業展開

ヤフーの100%子会社であるZコーポレーション株式会社が出資するTaoTao株式会社は、今年5月から仮想通貨取引所TAOTAOのサービス開始。SBIHDは、SBIバーチャル・カレンシーズ(VC Trade)を運営しており、米Rippleとのジョイントベンチャー設立など、仮想通貨事業にも注力する。

Zホールディングスの川邉健太郎社長は、「ブロックチェーン事業での提携については現時点では白紙」としたが、SBI証券の高村社長は「ブロックチェーンというのものが避けて通れないもので、双方にメリットがあれば」と含みをもたせた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら