大手仮想通貨取引所Huobi Global、トルコリラでテザーの購入が可能に シリア情勢悪化するトルコに新たな動き

    
Huobi、トルコリラでテザーの購入が可能に
仮想通貨取引所のHuobi Globalにおいて、トルコリラでテザーの購入が可能になる予定であると公表。今年の終わりでの開始を予定している。

Huobi、トルコリラでテザーの購入が可能に

仮想通貨取引所のHuobi Globalにおいて、トルコリラでの仮想通貨購入が可能になる予定だ。公表した内容によれば、今年の終わりに、TRY(トルコリラ)/USDT(テザー)の取引ペアが開始されるとのことだ。トルコの法定通貨ゲートウェイになる。

これは、テザーを介在し、Huobi Globalがサポートするプラットフォーム上で他の仮想通貨取引が可能になることを意味する。また同取引所のネイティブトークンを保有しているトルコ人ユーザーは、取引手数料が50%ディスカウントされるという。

以前よりトルコはファンダメンタルズの脆弱さなど、複合的な要因が絡み合い自国通貨のインフレーションにも対策が追いつかず経済に深刻な景気後退(リセッション)をもたらしている。仮想通貨を介して金融ヘッジするトレーダーも多くいると見られる。

トルコにサービスを展開する大手OKExの運営責任者Andy Cheung氏も、以前にトルコ国内の仮想通貨への関心について言及。

トルコ国民の仮想通貨所持者の割合は、間違いなくヨーロッパ・中東地域で最も高いと述べており、世界において仮想通貨の普及が最も進んでいる地域の一つと評していた。同国の経済状況が、こうした結果を導いていることは否定できないだろう。

現在もシリア情勢の悪化や米国政府との関係悪化も懸念されるなど、不安定な政治状況が続いている。その中で、トルコ国民の仮想通貨へのアクセシビリティの向上が期待される今回の動きは、仮想通貨市場へ影響を与える可能性も考えられるだろう。

CoinPostの注目記事

ベネズエラの独自仮想通貨「ペトロ」、同国デパートなど約100店舗で取り扱いへ
ベネズエラ政府当局者の主張によれば、同国最大のデパートチェーンであるTrakiを発端に、独自仮想通貨「ペトロ」の受け入れ店舗が100店舗に拡大した。
イラン政府、過去2年間で”劇的に成長”する仮想通貨マイニング事業にて登録制を審議
イラン政府が、仮想通貨のマイニングに対する新しい規制を審議していることが分かった。法制化されれば、事業活動などの情報の提出が求められる上、マイニングライセンスの更新が毎年必要になる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら