【速報】仮想通貨取引所バイナンス、中国市場のP2P取引を解禁

バイナンス、中国仮想通貨市場のP2P取引を解禁
世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスは29日、アプリを介して、中国利用者向けのP2P取引を有効にしたことを発表した。中国では米中貿易摩擦などを背景に、仮想通貨取引需要が高まっていた。

バイナンス、中国仮想通貨市場のP2P取引を解禁

仮想通貨取引所大手バイナンスが29日、TwitterにてBNBトークンのP2P取引が可能になるサービスを中国国内ユーザーに向けて開始したと伝えた。Binanceの公式アプリを通じて行う。

これに先駆け9日、最大級取引所バイナンスは、中国人民元(CNY)建てのOTC取引(P2P)を開始した。取り扱い通貨は、BTCETH・USDTの3銘柄だ。

中国において、仮想通貨取引所サービスによる取引は禁じられているが、中国人の多くは、OTCなどのP2P取引サービスを通じて仮想通貨と法定通貨の取引を行なっている。

11日には、バイナンスの中国向け仮想通貨OTCでAlipayとWeChatPayが決済プロセスとして使えることをCZ氏が公に認めたことが問題となり、当該2社が仮想通貨取引に係る人民元決済サービス提供を公式否定するなどして混乱も招いていたが、そのような中で今回、「中国ユーザー」向けのサービス解禁に漕ぎ着けたことは、大きな一歩と言える。

中国市場が起爆剤となるか

バイナンスは9月17日、仮想通貨ニュースサイト「火星財経」に出資するなど、中国市場進出を見据えた動きを見せている。

中国議会が政府のデジタル通貨発行に備え「暗号法」を可決したという報道もあり、CZがこれについて「近年のGDP成長率の最も高い国が、正しい方向に大きな一歩を踏み出した。あなたの国は、この流れに乗るのか?それとも取り残される道を選ぶのか?」として、問いを投げかけている。

また8月28日には、ビットコイン(BTC)のP2P取引サービスを提供するHodl Hodl(ホドル・ホドル)が、中国在住ユーザー向けに取引サービスの拡大を行なったことを明かすなど、同国向けのP2P取引が活性化しつつある。

関連:P2P仮想通貨取引サービス、ビットコイン(BTC)取引を中国在住のユーザーに拡大

関連記事

なぜ、中国の元建ビットコイン取引高は「飛躍的な伸び」を観測したのか?
仮想通貨取引所LocalBitcoinsにおける中国元建のビットコイン(BTC)取引高が、他のアジア地域の法定通貨取引高を遥かに凌駕していたことが判明した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら