CoinPostで今最も読まれています

P2P仮想通貨取引サービス、ビットコイン(BTC)取引を中国在住のユーザーに拡大

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

中国からP2P取引へのアクセスが可能
ビットコイン(BTC)のP2P取引サービスを提供するHodl Hodlが、中国在住のユーザーに取引サービスの拡大を行なった。中国語のサービスを行い、市場拡大を図るという。

中国でP2P取引を開始

ビットコイン(BTC)のP2P取引サービスをグローバルに提供するHodl Hodlが、システムの設定をアップデートし、中国在住のユーザーへ取引サービスの拡大をすると発表した。中国国内からもアクセスができるようになった。

本発表の背景には、米Googleが提供するサービスの利用が、中国国内でネット制限されている問題がある。Hodl Hodlがユーザー登録を受け付ける際に使用するキャプチャ機能なども、Googleが提供する機能を利用しており、アクセスの制限がかかっていた。(キャプチャ機能とは、セキュリティを高めるための手段で、簡単なテストに答えさせる方法で、アクセスするのが生身の人間であることを証明させる方法。)

Hodl Hodlは、この機能の設定を変更することによって問題を解決したという。中国において、取引所サービスによる仮想通貨の取引は禁止されているが、中国人の多くは、OTCなどのP2P取引サービスを通じて仮想通貨と法定通貨の取引を行なっている。

同社は、中国マネーが仮想通貨取引において、高い比重を占めていると考え、取引範囲の拡大に踏み切ったと見られる。

中国のユーザーがトレードをできるようになったことを発表したHodl Hodlは。自社の特長として、以下の3点を強調した。

  • Hodl Hodlのサービスのほぼ全てが中国語(マンダリン)に翻訳可能
  • 中国語のサポートを提供
  • 追加の手数料なしで取引相手を探すサービスを提供

またHodl Hodlは、取引手数料が1回につき最大0.6%と、他のP2P取引所よりも安く設定していることも説明。他のP2Pの取引所との大きな違いで言えば、Hodl Hodlは本人確認手続きといったマネーロンダリング対策を行っていない点があがる。当局からの指摘を受ける可能性もあるが、ユーザーが殺到する可能性もある。

参考資料 : Hodl Hodl

CoinPostの関連記事

中国人民銀行のデジタル通貨、発行準備整う アリババやテンセントなど7社が利用機関へ
中国人民銀行が発行を計画するデジタル通貨(仮想通貨ではない可能性が高い)の発行準備が整ったことがわかった。初回の利用企業には大手IT企業や民間銀行など7社が名を連ねた。
米財務省、中国「麻薬王」のビットコイン(BTC)アドレスを制裁対象へ
米財務省の外国資産管理室(OFAC)は中国の麻薬密売組織が麻薬の密売で利用していたビットコインおよびライトコインのアドレスを制裁対象に指定した。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。
05:50
北米初のソラナ現物ETF、3iQがカナダでローンチへ
カナダの大手仮想通貨資産運用会社3iQ Digital Asset Managementは20日、ソラナの現物ETFの仮目論見書を規制当局に提出したと報告した。北米で上場する初のソラナ現物ETFとなることを目指している。
06/20 木曜日
21:35
米マイクロストラテジー、1200億円相当のビットコインを買い増し
今回は、65,883ドルの平均購入価格で11,931 BTCを購入。1200億円に相当する費用は、新たな転換社債の売却によって調達されたものだ。
16:46
グリー初のNFTゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』、SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始
グリーは、新作ブロックチェーンゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』を全世界配信開始。リリース記念キャンペーンも実施中。暗号資産(仮想通貨)SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始。
16:10
コナミ、NFTソリューション『リセラ』を開放 アバランチ採用
コナミデジタルエンタテインメントはNFTソリューション「リセラ」を公開。Avalanche(アバランチ)を採用し、Web3機能を実装。企業や団体が容易にNFTを発行できる環境を提供。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア