中国の仮想通貨ニーズに確かな手応え Binance CZが明かす中華ブロックチェーン戦略

CZが語る中国政策

最大手取引所バイナンスのCZ氏は、中国習近平主席による国家的ブロックチェーン推進政策を高く評価する一方で、「仮想通貨・トークン無し」のブロックチェーンに注力する方針に懸念を示した。30日にユーザー向けAMAを実施した。

バイナンスのCZ氏は、取引データから中国の仮想通貨ニーズに確かな手応えを感じているおり、「コイン無し」のブロックチェーンを推進する国家政策は、今後改変の見込みはあると言及した。

ブロックチェーンに対する中国政府の親和的姿勢は、仮想通貨・ブロックチェーン業界にとって非常にポジティブな動きである、と評価した上で、「ここ数日の値動きを見れば、仮想通貨市場に資金が流れてきていることに疑いはないはずだ」と説明した。市場の動きが投資家の動向を示す指標であり、習主席の発言は相場を間接的に牽引していたと指摘している。

一方、頑なに「仮想通貨」のワードに一切言及していない中国のブロックチェーン推進政策に対し、CZ氏はその実行可能性を疑っているという。

関連中国の広州政府 「仮想通貨無し」のブロックチェーンに最大1.5億円の助成金

中国政府は『仮想通貨』の宣伝を抑えようとしているが、インセンティブの仕組みがないパブリックブロクッチェーンがうまく機能して広く普及するとは考えられないと考えているCZ氏。今後の中国政府の政策改変の可能性にはまだまだ見込みがあるとして、「中国には様々なプロジェクトがあるため、今後仮想通貨における様々な動きが起こされるのではないか」と言及した。

好調な中国P2P取引

CZ氏は中国の政策以外に、最近始めたばかりの中国利用者向けP2P取引サービスの状況について、出来高を公開。中国市場に手応えを感じている事を明かした。「1日あたり、2〜3百万ドルの出来高に膨らんできている」という。

10月9日より開始した人民元建てP2P取引は、ビットコインイーサリアム・USDT(テザー)に対応し、つい先日、バイナンスのネイティブ通貨BNBにも対応するとなった。

「習主席の発言のおかげで、P2P取引は非常に好調だ」として、今後も中国における出来高の上昇が見込めると中国市場に期待感を寄せた。

一方、WeChat PayとAlipayから仮想通貨取引に関わるサービスを禁止する方針が出されたことで入金システムに障害をきたすのではないかとの問題で回答したCZ氏は、P2P取引に利用されている決済サービスについて、「具体的な状況把握はできていないが、P2P取引所は正常に機能している」と説明した。現時点で、中国マネーの流入は妨げられていないという。

関連Alipay・WeChatPay、仮想通貨取引への決済サービス提供を全面否定

法定通貨ペアに関して

注目されている法定通貨ペアを提供する計画にも触れたCZ氏は、「まもなくロシアルーブルペア」を提供すると語り、今後より多くの法定通貨ペアを追加する予定である事を明確にした。

Binanceは、ロシアのバイナンスミートアップで、近々ロシアルーブル建ての取引を本家バイナンス(Binance.com)で提供すると明かしたほか、ナイジェリア・ナイラの導入も発表。現時点で、第一号の法定通貨取引ペアはナイラが第一号導入通貨として採用することがわかっている。

関連バイナンス、初の法定通貨ペアに「ナイジェリア・ナイラ」

参考:CZのAMA

CoinPostの注目記事

【速報】仮想通貨取引所バイナンス、中国市場のP2P取引を解禁
世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスは29日、アプリを介して、中国利用者向けのP2P取引を有効にしたことを発表した。中国では米中貿易摩擦などを背景に、仮想通貨取引需要が高まっていた。
評価額10億円超 仮想通貨関連ユニコーン企業は11社:バイナンス・リップル・コインベース他
大手リサーチ企業Hurun社が初の仮想通貨・ブロックチェーン業界の「ユニコーン企業」リストを発表。11社がランク付けされており、バイナンスやコインベース、リップル社らがリスト入りした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら