カナダのビットコインファンドを規制当局が初期承認 大手証券取引所上場の目処立つ

カナダでビットコインファンド誕生か

カナダの資産運用企業3iQ社が30日、自社のビットコインファンドに関して、大手証券取引所に上場するための初期承認をオンタリオ州の証券委員会から受けた事を報告した。

3iQ社は、カナダの大手証券取引所への上場を目指し、オンタリオ証券委員会(OSC)にクローズドエンド型のビットコインファンドの目論見書を提出していた。現在は、OSCのメンバーが委員長に決裁を求める段階まできているという。最終的に、今四半期(10月から12月)後半の上場を目指す予定だ。

3iQ社のCEOであるFred Pye氏は今回の申請について、「我々は3年にわたって、OSC等の関係機関と積極的にコミュニケーションをとっている。新しい投資ファンドを作り、個人投資家にもビットコイン投資の恩恵を受けて欲しいと願い取り組んできた」と述べている。

また申請の今後の流れについて、「規制に準拠した投資ファンドを提供するために、価格やカストディ、監査、公益に関する質問には既に回答した。できるだけ早く目論見書の最終版を提出する」と説明した。

3iQのビットコインファンドには、有名企業が協力している。ビットコインのベンチマークに関しては、VanEck社の子会社であるMV Index Solutions社(MVIS)がサポート。VanEck社CEOのJan van Eck氏は、規制機関への対応についても協力したと説明している。

さらにウィンクルボス兄弟がニューヨークを拠点に経営する仮想通貨取引所Geminiが、ビットコインのカストディアンを務める。キャメロン・ウィンクルボス氏は「我々には、コンプライアンスを遂行し、信頼してもらえるように安全にデジタル資産を保管することが求められている。こういった信条のもと、今回の革新的な金融商品の管理に協力したい」と意欲を示した。

参考資料 : 3iQ

CoinPostの関連記事

米Galaxy Digital ノボグラッツCEO、ビットコインファンドのローンチを示唆
米商業銀行Galaxy DigitalのノボグラッツCEOがビットコインファンドのローンチを明かし、コインベースなど仮想通貨取引所のアカウントがなくても投資出来る機会の提供を示唆した。
米CME、ビットコインオプション取引の詳細を発表 2020年Q1の開始目処
米大手デリバティブ取引所CMEが、2020年Q1(1〜3月)の開始を目指しているビットコイン(BTC)オプション取引の詳細を発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら