仮想通貨取引所バイナンス、中国首都「北京」に新オフィスを開設

バイナンスが中国首都に

世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスは、中国の首都北京に新たなオフィスを開設する予定であることがわかった。情報筋の情報として、CoinDeskが報道した。現時点で、新たなオフィス開設の役割と予定日等の情報は明らかになっていない。

バイナンスはすでに上海にオフィスを構えているが、現在の中華人民共和国の首都でもある北京に新たなオフィスを構えるという。同社は、先日にも人民元建のP2P取引市場を開設しているなど、中国関係の仮想通貨サービスを強化していた。

最新のAMAセッションでCZ氏は、開始した中国利用者向けP2P取引サービスの状況について、出来高を公開。中国市場に手応えを感じたとした上で、「1日あたり、2〜3百万ドルの出来高に膨らんできている」と話している。

また、バイナンスの責任者が、独自の地域通貨プロジェクト「ヴィーナス」で複数の地域政府と対話を進めているとするなど、政府関連との動向もある。直接的にヴィーナスが中国と関連するか定かではないが、中国の中央銀行がデジタル人民元のパイロットを開始する可能性がある中での動向に、業界の注目度は高い。

これらの動きは先週習近平主席のブロックチェーン推進発言に続く展開でもあり、中国市場に注力すると宣言したバイナンスが中国内の露出を強めていることから、業界では中国政府の仮想通貨軟化姿勢に繋がるのではないかとの見解も見られている。

参考:Coindesk報道

CoinPostの注目記事

中国の仮想通貨ニーズに確かな手応え Binance CZが明かす中華ブロックチェーン戦略
バイナンスのCZ氏は、取引データから中国の仮想通貨ニーズに確かな手応えを感じており、「コイン無し」のブロックチェーンを推進する国家政策は、今後改変の見込みはあると言及した。
バイナンス、5つの仮想通貨取引ペアを廃止
仮想通貨取引所バイナンスは、5つの取引ペアの廃止を発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら