「それは違う」17年BTCバブルは一匹のクジラ説、仮想通貨有識者らが猛反論

米教授の論文に仮想通貨有識者らが反論

2017年に起きたBTCの記録的暴騰は、一匹のクジラが作り出した相場であると、米国の研究者らが指摘した論文内容について、業界の有識者らから多数の反論が相次いだ。

キサス大学のJohn Griffin教授とオハイオ州の大学に所属するAmin Shamsの両名は、2017年のBTC価格のバブル相場は、テザーに関連した偶然ではない相場であると指摘。Bitfinexに存在する一つの口座(大口投資家=クジラ)が操作していたとする内容で、論文を更新していた。

業界からの反論内容

Dovey Wan氏

仮想通貨ファンドの創業者で、業界の重要情報配信を積極的に行うDovey Wan氏は、論文を描いた教授らは、「ビットコインの流通方式、当時活発に行われたアービトラージ、Bitfinexの役割に関して、何もわかっていない」と指摘、以下のように説明した。

「2017年末、韓国のビットコインプレミアムは15%、中国プレミアムでは5%あった。当時、国際トレーダーは、Bitfinexでビットコインを購入し、韓国や中国の取引所で売っていた」

なお、アービトラージのリスクを回避し、手持ちのビットコイン数を抑えるために、基本、Bitfinexがテザー(USDT)をプロセスする時にだけ、ビットコインを買っていた状況だったと指摘した。

Gurbacs氏

ビットコインETFを申請していたETF企業VanEckの責任者を務めるGurbacs氏も、「非常に失望した。学者は未だビットコイン/仮想通貨市場の構造と因果関係を理解していない。」と発言。

「テザーの台頭は、超成長期におけるオーガニックな仮想通貨需要増加によるものだった」と説明した。

同社は、ビットコインETFの申請に伴い、テザーなど市場関係の調査も自社で行なっていた。

Larry Cermak氏

米大手仮想通貨メディアTheBlockのリサーチ責任者Larry Cermak氏も、門外漢がステーブルコインの入金と還元システムに対する理解が乏しく、市場操縦を証明するものは未だないと指摘した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら