北朝鮮、仮想通貨専門のハッカーを幼少期より育成する方針か=国連レポート

北朝鮮、仮想通貨専門ハッカーを幼少期より選抜、育成
韓国系メディアなどが報じるところによると、北朝鮮は幼少期からIT技術に特化した人材を選抜し、仮想通貨のハッカーを育成しているという。

北朝鮮、仮想通貨専門のハッカーを幼少期より育成か

国連が新たに提出したレポートによると、北朝鮮は人民の中からIT技術に特化した人材を選抜し、仮想通貨専門のハッカーを育成しているという。韓国系メディアなどが報じている。

香港に登録されているブロックチェーン企業のマリンチャイナは、金融制裁の回避手段として使われていることが明らかにされた。

また、国連の対北朝鮮制裁委員会の中期レポートでは、北朝鮮によるハッキングなどの被害および攻撃を受けたと推定される仮想通貨関連の企業の多くが韓国企業であることも報告されている。

具体的な企業名では、Bithumb,Youbitといった企業があり、特にこの取引所のBitthumbに関しては、これまで複数回にわたって北朝鮮からのハッキング攻撃を受けているとみられる。

攻撃の手口の一つとなっているのが、スピアフィッシング、あるいはスピア型攻撃と呼ばれるものだ。スピアフィッシングはフィッシング詐欺のひとつで、特定のターゲットに対して、個人情報やデータを盗み出そうとするものである。

レポートに報告されている事例では、韓国の4つの仮想通貨取引所の計25名の従業員をターゲットとして攻撃が試みられてきた。仮想通貨は、米国などから経済制裁を受ける北朝鮮が、新たな資金源として積極的に活用していると見られる。

その手法も仮想通貨取引所やマイニング企業へのハッキングに始まり、ウェブページを訪れた人のパソコンを使って秘密裏にマイニングを行う「クリプトジャッキング」など、多岐にわたっている可能性が指摘される。

資金源としてだけでなく、資金の移動手段としても使われているとみられ、国家ぐるみの犯罪行為が懸念されている。

参考:chosun.com

CoinPostの関連記事

北朝鮮の仮想通貨ハッカー集団、macOSを標的にした新たなマルウェア作成か
北朝鮮のハッカー集団「ラザルス・グループ」が、米アップル社のmacOSを標的にした新たなマルウェアを作成した可能性が浮上。ターゲットは仮想通貨の従業員であるとして、専門家は警告している。
北朝鮮、20億ドル仮想通貨ハッキングの国連報告を全面否定
北朝鮮は国営メディアを通じて、国連安保理による「仮想通貨取引所ハッキングなどで20億ドルを調達した」との指摘を全面的に否定している。米国による対北経済制裁の正当化と非難。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら