CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン(BTC)オプション取引で材料続出、2020年1Qまでに大きな動き|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン(BTC)市況
ビットコイン(BTC)は、急騰・急落を繰り返すなど乱高下。仮想通貨市場では、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)がオプション開始日を決定したほか、BakktやBitfinexの動きも注視される。

仮想通貨市況

米最大手デリバティブ取引所CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)は、BTCオプション取引を2020年1月13日に開始することを発表した。同オプションは、ビットコイン現物市場ではなく、独自の現金決済ビットコイン先物を基にした商品だ。

CMEは先日、ビットコイン先物ポジションデータを公開した。大口投資家の取組高は、前年比60%以上も膨らんでいるという。25BTC以上の契約を持つ大口投資家の取組高推移(OI)では、2018年3Q(7月〜9月)の2,873から、2019年3Qの4,629まで増加。出来高は、BTC換算で27,670 BTCまで上昇している。

オプション取引は、保有ポジションの変動リスクに対するヘッジ手段として有効な取引だ。ある商品について、将来の一定期間後にいくらで取引するかを現時点で約束する「先物取引」とは似て非なるもので、オプション取引は、ある原資産について、将来のあらかじめ定められた期日(満期日)後に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で取引できる「権利」そのものを売買する。

一方、米ニューヨーク証券取引所の親会社インターコンチネンタル取引所(Intercontinental Exchange=ICE)が設立した仮想通貨取引所Bakktは、2019年12月9日より「BTCオプション」取引を提供する。CMEと異なり、自社提供の現渡しビットコイン先物決済を予定している。情報筋によれば、同商品はシンガポールにある「ICE Futures Singapore」で提供、ICE Futuresのグローバル市場に登録している機関投資家や大口投資家が利用可能になるという。

そのほか、CoinPostと提携する海外大手メディア「TheBlock」の取材に応じたBitfinex CTOによれば、finexは2020年1Qにも、仮想通貨オプション取引を開始することを発表した。テザー(USDT)建てのオプション取引提供を予定しており、「テザーの信頼と普及の改善を図るため」だと説明。流動性を確保するため、外部マーケットメイカーとの連携を並行して進める。

このように、ある種の保険のような性質を持つオプション取引サービスが拡充されることで、流動性の向上と共に、ビットコイン(BTC)市場特有のボラティリティを懸念する機関投資家や大口投資家の参入契機になり得る。

ビットコイン(BTC)市況

13日のビットコイン(BTC)は、前日比0.14%高の95.4万円(8,770ドル)。 出来高減少で板が薄くなっている影響もあり、短い時間軸での急騰・急落を繰り返して上下に長い髭を付けるなど、不安定な相場環境が続く。

日足雲下限付近の8,550ドル(93.5万円)でダブルボトムを付けた格好だが、トレンドライン及び25日移動平均線、200日移動平均線を共に下回って推移しており、良い位置にいるとは言い難い。

8,550ドルは、直近安値・高値から起算するとフィボナッチ61.8%に相当するが、これを割り込んだ場合は、フィボナッチ78.6%の8,000ドル(87.1万円)付近まで押し込まれてもおかしくないか。インプライドボラティリティの低下など様子見ムードが強まっており、手出ししにくい相場環境にある。

バイナンスでメンテナンス開始

世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスで、13日11:00より、約4〜6時間のシステムアップグレードが始まった。

メンテ期間中は、預金、引き出し、現物取引および証拠金取引などができなくなるが、Binance Futures(先物)の取引は影響を受けない。

CoinPostの関連記事

ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察
仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすビットコイン(BTC)などの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。ライトコイン半減期など、過去の値動きから可能性とリスクについて詳しく解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
Discord、ユーザーの収益化機能提供を示唆
コミュケーションアプリのDiscordは公式ツイッターで、ユーザー向けに収益化(マネタイズ)機能を提供することを示唆する内容のコメントを投稿した。
12:43
米コインベースが「バグ報奨金制度」を再考せざるを得ない理由
米大手仮想通貨取引所コインベースは、システムの脆弱性を発見・報告する「バグバウンティプログラム(報奨金制度)」の方針を再考すると発表した。背景に法的リスクの問題点が浮上している。
12:31
「仮想通貨技術の将来性は評価」ブラックロックCEOがFTX騒動に言及
破綻した仮想通貨取引所FTXに出資していた米投資大手ブラックロックCEOが直近の情勢についてコメント。FTXの状況を静観すべきと呼びかけつつ、仮想通貨自体は「非常に重要」と評価した。
12:04
米株指数リスクオン、MONAやXYMは思惑先行の急騰
パウエル講演のFOMC利上げ減速示唆により米株指数が大幅上昇。暗号資産(仮想通貨)市場ではバイナンスの日本進出発表を受け、モナコイン(MONA)やシンボル(XYM)が思惑先行の急騰を見せた。
12:00
NEAR財団、南米の加工食品会社と提携
仮想通貨NEARプロトコルを支援するNEAR財団は、南米の大手加工食品会社Grupo Nutresaのポイントプログラムを支援する計画を発表した。その他にも様々な組織と提携を進めている。
11:35
OpenSea、22年のロイヤリティ総額が10億ドル越え
NFT電子市場大手OpenSeaは、同サービスを利用するNFTクリエイターが獲得している手数料(ロイヤリティ)の総額が、22年に10億ドルを突破したことを発表した。
10:05
アニモカ、2,000億円規模のメタバースファンドを計画
Web3大手企業アニモカブランズは、メタバース企業に投資する最大約2,750億円のファンドを計画している。同社は仮想通貨市場が低迷する中、活発に資金調達を行っているところだ。
09:45
「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」、独自のDEXを開発へ
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧