仮想通貨取引所バイナンスが旅行サイトと提携、仮想通貨払い可能なカード発行へ

バイナンス、旅行予約サイトと提携し仮想通貨支払いが可能なカードを発行へ

仮想通貨取引所バイナンスは、旅行予約サイトのTravelbyBitと提携、仮想通貨で支払いができるトラベルカードを発行することを予定していると発表した。

2020年ごろに利用開始を予定しており、ASEAN地域やオーストラリア、ヨーロッパなどで使えるようになる。

TravelbyBitのCEOであるCaleb Yeoh氏は手数料の高さが仮想通貨の普及への壁となってきたとし、続けて以下のように話した。

私たちTravelbyBitは仮想通貨を使いやすいものにし、アーリーアダプター(初期採用層)に報酬を与え、そして仮想通貨の普及が進む世界を見たいと考えている。

新しいカードはこれまでのプリペイド・デビットカードと同様に使用することができ、さらに飛行機やホテルの予約など、旅行関連の支払いで割引や特別料金を利用できるという。

カードにチャージできるのはBTC,BUSD,BNB,ONTの4種類でBooking.comやExpediaなどの大手旅行サイトでも使用することができる。

旅行産業への仮想通貨支払い普及への課題とは

一般に旅行中に現地で通貨を両替しようとすると高額な手数料が課せられることが多い。ボーダーレスに使用できる仮想通貨に対しては、旅行用途での支払い手段としても期待が集まるが、その一方で旅行サイト大手のExpediaは、仮想通貨支払いサービスを停止するなど思うように普及は進んでいない印象だ。

今後、仮想通貨自体がより多くの人々に保有されるようになれば、普及に向けた道が拓けていくだろう。

CoinPostの関連記事

世界最大の旅行会社「エクスペディア」 ビットコイン決済廃止で仮想通貨業界に残した教訓とは
エクスペディアは2014年に、ビットコイン決済を導入し、仮想通貨のユースケースを大々的に世に示すも、2018年の夏にビットコイン決済の受け入れを終了している。これら一連の事象は、我々にどのような教訓を与えるのだろうか?
200万件以上のホテル予約、20銘柄以上の仮想通貨決済が可能に Booking.comとTravalaが提携
仮想通貨で宿泊料金を支払うことができる旅行プラットフォームTravalaは、大手Booking.comと提携、230か国以上の宿泊先で仮想通貨決済により予約が可能に。ホテルの数で世界最大のオンライン旅行代理店へ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら