CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所 Bittrex(ビットトレックス)とは?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

bittrex(ビットトレックス)は、アメリカにある仮想通貨取引所です。2014年に設立され、マイナーな仮想通貨を取引するのに最適な取引所です。

bittrexには2つのメリットがあります。

アルトコインの取り扱い数約200種類(※2017年7月現在)
同じアメリカの取引所であるpoloniex(ポロニエックス)と比べても約3倍の取り扱い仮想通貨数を誇ります。
新規上場の仮想通貨が多く取引出来る
ICOを終えたばかりの仮想通貨が上場するので、その結果更に取り扱い仮想通貨数を増やしています。
目次
  1. 概要
  2. 取り扱い仮想通貨
  3. 登録/口座開設の方法
  4. 手数料について
  5. 機能面
  6. アプリ版bittrexについて
  7. まとめ

Bittrex(ビットトレックス)の概要

公式 公式サイトリンク
会社名 Bittrex.LLC
設立 2014年
Founder and CEO Bill Shihara
本社所在地 Las Vegas, NV 89148,USA

200種類程の仮想通貨を扱うbittrexはアメリカでも大手の取引所です。

取引量はpoloniexに劣りますが、時価総額10億円以下の低時価総額仮想通貨が多く、新規上場の仮想通貨やマイナーな仮想通貨に興味を持ったのであれば、間違いなく利用するべきサイトです。poloniexと同じく日本国内で利用している方も多いです。

poloniexではビットコイン建て以外ではかなり少ない種類の仮想通貨としか取引が出来ませんが、bittrexではイーサリアム建てでも100種類近い仮想通貨の取引が可能です。

しかし基軸通貨(日本円やドル)での取引は出来ないので、基本的には最初にビットコインをbitFlyerやcoincheck等といった日本円を扱う販売所や取引所でBTCを入手し、そこからbittrexのウォレットに送金し、アルトコインを手に入れる、という手順が必要になります。

  • 日本円入金は不可
  • 法定通貨(フィアット)ではなく仮想通貨同士の取引
  • BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、USDT(テザー)で他の通貨を購入

主な注意点としては上の3点です。

更に、取り扱い仮想通貨数が多いことによる一種のデメリットとして、上場したまま開発が止まっていたり開発をしている振りをする詐欺コインや、プロジェクトに技術的新規性がない、もしくは技術的に実現が限りなく困難である草コイン、シットコインと呼ばれるものも多数存在します。

興味を持った仮想通貨の銘柄について詳しく調べ、慎重に判断して取引すべきでしょう。

取扱い仮想通貨

その数は約200種類にも上り、ICOを終えたばかりの仮想通貨が上場するので多くの方々が聞いたこともないような通貨を多く取り扱っています。

詳しくはこちら↓

登録/口座開設の方法

アメリカの取引所であるbittrexは日本語に対応していませんが、poloniexと同じように登録/口座開設の方法は簡単です。

ちなみに、アカウントタイプが三段階(new→basic→enhanced)が存在し、newからbasicへと変えることでことで出金上限を上げることが出来ます(2段階認証の設定も求められます)。newでは1日1BTC(ビットコイン)まで出金が可能で、basicでは1日3BTCまで、enhancedでは100BTCまでです。多額の投資をする方にはenhancedがお勧めです。

なお国内取引所と違い、アカウントタイプnewまでならば本人確認書類(運転免許証やパスポート)なしで取引が出来ます。

詳しくはこちら↓

手数料について

全ての取引で0.25%の手数料がかかります。これは公式ページの「Help」>「Fees」のページに記載してあります。

機能面

ここではbittrexの取引方法について概要を述べていきます。基本的な入出金や売買以外に特殊な取引はありません。

取引方法について詳しくはこちら↓

仮想通貨の入出金について

ウォレットに入金する前に2段階認証の設定をおすすめします。

なお上記した通り、日本円入金は不可です。よって、ビットコイン、イーサリアム、テザーで他の通貨を購入していくことになります。多くの方はビットコインを入金してその後アルトコインを購入するという流れになるでしょう。

poloniexと違い、bittrexではイーサリアム建てでも100種類近い仮想通貨の取引が可能なのでイーサリアムの取引目的での入金も良いかもしれません。

入出金はサイトの右上のメニュー「Wallet」から行うことが出来ます。

仮想通貨の売買について

取り扱い仮想通貨数が多い(約200種類)ので、興味を持った仮想通貨の銘柄について詳しく調べ、慎重に判断して取引すべきでしょう。

bittrexのホーム左上の「B Markets」から、「ETH」を押すと下のような画面に移ります。

LAST 取引が行われた最新レート
Bitcoin VOL ビットコイン換算のETH取引量
BID ETHを買いたい人の最高値
ASK ETHを売りたい人の最高値
24H HIGH 24時間以内での最高値
24H LOW 24時間以内での最安値

このチャート画面から売買を行うことが出来ます。

アプリ版Bittrexについて

TraderBit for Bittrexというアプリがあります。無料でチャートを見ることも仮想通貨の売買も出来ますが、入出金は出来ません。課金することで広告を消すことが出来ます。

ただ、公式ではなく個人で作られたアプリですので、正直に言ってあまりおすすめ出来ません。使っている方もかなり少ないでしょう。

それでも使ってみたいという方はこちらからどうぞ↓

TraderBit for Bittrex
TraderBit for Bittrex
開発元:bruno heitz
無料
posted with アプリーチ

まとめ

bittrexは様々なアルトコイン、特に他の取引所では扱ってないような仮想通貨が多いです。

国内で最も取り扱いアルトコイン数が多い取引所であるcoincheckにないアルトコインを購入したいという方がpoloniexに興味を持ち、その後poloniexにないアルトコインを購入するためにbittrexに興味を持つ、といった流れが多いのではないでしょうか。

bittrexの圧倒的なアルトコイン取り扱い数は確かに魅力的です。しかし、調べることをせず、もしくは情報が殆どないマイナーな仮想通貨を持つことはその分リスクを背負うことにもなります。この事を念頭に置いて、上手にbittrexを活用しましょう。

仮想通貨FX向けアプリ【ビットレ君】

相場が動いたらアプリでその場で決済。安心・操作性で選ぶならGMOインターネットグループのビットレ君

詳細はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
16:00
スターテイル・ラボ、サムスンとシンガポール大手銀行UOBから資金調達
日本発のWeb3プロダクト、暗号資産(仮想通貨)ASTRのエコシステムAstar Networkを率いるスターテイル・ラボが、サムスンとUOBからのシード追加ラウンドで5億円を調達。渡辺創太CEOはプロダクト開発を加速の意向示す。
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア