CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン(BTC)は嵐の前の静けさか、海外投資家の考察は|仮想通貨市況

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況

26日の仮想通貨ビットコイン(BTC)は、前日比-0.44%の78.6万円とやや続落。

先月末に揉み合ったライン(約7100ドル:78万円)で切り返すも反発は弱い。高値こそ切り下げているものの、安値も下げ渋り、下降ウェッジのような形状となっている。

7100ドルを下放れした場合、6900ドル水準まで一気に押し込まれる可能性があるが、明日27日には、CMEのBTC先物SQのほか、仮想通貨オプション取引所Deribitにおける直近最大級のオプションカットオフ、中華系大手仮想通貨取引所OKExのオプション取引所ローンチなど重要イベントが重なっており、様子見基調が強まっている。

OKExはすでに複数銘柄の先物取引を提供しており、新たに開始するオプション取引は、機関投資家の需要に応じたものとなる。Deribit Optionsにおけるプット/コール建玉は以下の通り大量に積まれており、明日にかけてボラティリティが急上昇するリスクが高まるため、注意が必要だ。

また、CoinMetricsのデータによれば、2019年以降右肩下がりで推移していた、海外取引所における顧客の預入資産(BTC数量)が、急反転し始めていることがわかった。

出典:CoinMetrics

海外アナリストの見解は?

仮想通貨トレーダーのTraderXO氏は、ツイッター上で自身の考察について以下のように説明した。

買い集めの判断を行うには時期尚早だ。出来高も薄くなっており、直近最安値のサポートラインを再び試す可能性も十分ありえる。

同氏曰く、株式市場の権威であるリチャード・ウィッコフ氏が考案したシナリオをBTC市場に当てはめた場合、「ビットコイン価格は、上下のラリーを経て来年3月ごろに9,000ドルに到達する可能性」が考えられるという。

一方、著名仮想通貨トレーダーのGalaxy氏は、強気相場ではないかとの見方を強めている。ツイート上に掲載されたチャートを確認すると、ビットコインのモメンタム(方向性や勢い)に主眼を置いた見解であることが窺える。

またSmokey氏は、底打ちした可能性に触れ、仮にこの見方が正しかった場合、「これ以上綺麗な底打ちはない」と言及した。 合わせて投稿されたチャートでは、2018年の弱気相場の際に形成されたサポートラインに一瞬触った後の反発が見て取れる。

CoinPostの関連記事

ビットコインなど仮想通貨市場に大きな影響を及ぼす「半減期」とは、過去の事例から独自考察
仮想通貨市場に大きな影響を及ぼすビットコイン(BTC)などの半減期が、相場に意外な影響を与えることも明らかに。ライトコイン半減期など、過去の値動きから可能性とリスクについて詳しく解説。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。
13:09
チェーン間ブリッジ、未回収資金が30億円規模に
ポリゴンとイーサリアムのブロックチェーン間で暗号資産(仮想通貨)を移動する「ブリッジ」にて、多額の資金が取り残されていることが明らかになった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧