Ripple、ブラジルの銀行と新規提携へ 仮想通貨XRPの利用に関して協議中

ブラジルの明確な規制が後押し

Rippleは来年初めに、デジタル銀行を含む複数のブラジル金融機関との新規提携を発表する予定だ。送金に仮想通貨XRPを利用することも提携の協議内容にあるという。ブラジルのロイターが報じた。

なお、規制当局ともXRPの利用に関して協議を行なっている。

Rippleの責任者Luiz Antonio Sacco氏は、ブラジルへの進出において、同国の明確なデジタルバンキング規制が鍵となっていると語り、「国際送金を含め、金融取引促進のためのブラジルの銀行規制は進歩を続けているため、ビジネスチャンスは今後数年間で大きく飛躍するだろう」と説明した。

昨年10月に、大手銀行Santander Brasil(サンタンデルのブラジル支社はブラジル国内でRippleNetを使用する最初の銀行となった。その後、Bradesco銀、Rendimento銀とも提携し、RippleNetを提供している。

これらの銀行は仮想通貨XRPを利用するODL(旧xRapid)は導入していないが、Sacco氏によると、現在、リップルネット送金高の約30%はブラジルを介して行われているという。

南米市場からの需要に応じて市場展開を行うために、Rippleは今年の6月にブラジルのサンパウロに新支社を設立した。

参考:ロイター

CoinPostの注目記事

IBM、RippleNet導入のPoC(概念実証)に着手か
社員のプロフィール内容から米IT大手IBMがRippleNetをPoCに着手している可能性が浮上した。同社は仮想通貨ステラとの提携関係を持つ企業でもある。
「2020は仮想通貨普及の年」 Rippleが三大テーマを発表
Rippleは「デジタル資産の2020年」という文章で、来年以降の業界動向を予想。3大テーマを挙げ、仮想通貨がどのように普及していくかなど、詳しく分析した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します