CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨リブラに注目した理由は「決済手段としてのビットコインの現状」 リブラ協会副会長

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

決済手段としてのリブラ

リブラ協会のDante Disparte副会長は、フェイスブックが主導している仮想通貨リブラとビットコインを決済領域で対比。BTCは決済機能として十分に機能していない点が、決済手段としてリブラに注目した理由になったと明かした。ラスベガスで開催された電化製品ショー(Consumer Electronics Show (CES))の、デジタルマネーフォーラムで講演・パネルセッションした際の内容である。

「ビットコインは、数学的な貴重性が、非常にエキサイティングな資産を生み出すことを証明した」と、仮想通貨について資産性は認めつつ、「経済的モビリティにおける最初のステップは、決済手段へのアクセスだが、仮想通貨はまだ決済手段として十分に機能しているわけではない」と意見を述べた。

また、Disparte氏はリブラが直面する複雑な課題についても指摘。どのように社会に広く普及させるか、 また人々に決済手段へのアクセスを付与することをコスト面で困難にしている要素をどのように取り除けばよいか、などの問題があるという。

リブラで監視が行われる可能性

リブラは、銀行サービスにアクセスできない何百万人もの人々のための決済手段としてフェイスブックによって構想された仮想通貨であるという側面がある。リブラは裏付け資産を有するステーブルコインとして、ネットワークは既存のリブラ協会メンバーにより承認された企業のみが参加するノードで運用される。

簡易的に例えると、従来の金融システムよりも分散化されているものの、ビットコインやイーサリアムほどオープンに参加できるものではない中間的な決済ネットワークになる。

一方で、仮想通貨関係者「Decred」の戦略リーダーであるAkin Sawyerr氏は、「自分の利益に重きを置く幾つかの会社の連合が、分散型システムよりもうまく機能するとは確信していない」という指摘する。

Sawyerr氏は、仮想通貨を利用するユーザー個人に、基本的なレベルの主権を持たせることが不可欠と論じた。ユーザーが何らかの監視を受けずに自分の資金をコントロールするような権限を与えることが重要だと考えているという。

同氏は、数十の大規模な組織が運営する、許可制のシステムでは、何らかの監視やコントロールが行われてしまう可能性についても示唆した。

新たなロードマップ

リブラは昨年末、新たなロードマップを発表している。

透明性のさらなる改善や、よりオープンなコミュニティの構築に向けての計画も新たに追加された。

また、ホワイトペーパーに存在していた金利付与条項も、最近削除されていた。リブラ協会に参加するには、企業は最低限で1000万ドルを出資する必要がある。

変更前のインセンティブ設計では、「インベストメント・トークン」が付与され、今後数年間で年間数十億の収益が得られる試算であったが、現在この記述は削除されている。

収益性を無くすことにより、ステーブルコインリブラは有価証券ではないかという疑いを解消することと、リブラのユーザーと協会加盟企業の利益相反を解決することの、二つを目的としていると考えられる。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧