ドバイ政府、非課税の仮想通貨事業ゾーン立ち上げ

ドバイの仮想通貨非課税ゾーン

ドバイ政府のコモディティ規制当局DMCCは先週、スイスで開催されたダボス会議で、非課税の仮想通貨事業ゾーン立ち上げを発表した。

具体的には、スイスの関連企業CVVCと協業し、UAE内で仮想通貨・ブロックチェーン事業者の特別区を設けるという。スイスの「クリプトバレー」ツークをモデルにしたものだ。

区内では、共同作業施設や教育施設を置き、ブロックチェーンや仮想通貨関連ビジネスのインキュベーションも行う計画をしている。

さらに、この特別区はドバイの「フリーゾーン」に設置されることで、個人所得税や法人税、源泉徴収税などを徴収されることがなくなる。

ドバイおよびUAEはクリプト先進地域であり、以前にも仮想通貨と証券トークンの定義や、カストディサービスの規制実施などインフラの整備を整えていた。

参考:DMCC

CoinPostの注目記事

サウジアラビアとUAEの指導者、2国間の共通デジタル通貨構想で合意
サウジアラビアとアラブ首長国連邦の皇太子が面会、2国間の金融機関の決済で利用する統一デジタル通貨の構想に合意した。
R3、ドバイ企業と提携しCorda基盤の証券発行プラットフォーム開発へ
ドバイ拠点のフィンテック企業Wethaqは、R3社と戦略的パートナーシップを結び、分散型台帳プラットフォームCorda基盤の証券発行プラットフォーム開発を発表した。イスラム市場のデジタル化推進を目的とする。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します