Bitfinexトップトレーダーが語る「仮想通貨市場の強気トレンドに懐疑的な理由」

クジラの弱気見解

マーケットデータを分析するBitfinexの著名トップトレーダーJoe007は、現マーケットの需給関係や資金流入の関係から、一概に強気相場とは捉えることはできない、と論じた。

半減期まで100日をきる中で1万ドルの重要な節目を控えるビットコイン市場は、年初から好調な推移を維持している現状も踏まえ、強気相場到来の可能性が多方で指摘されてきた。新規発行通貨量が制限される半減期は、需給関係にも影響する仮想通貨業界特有のファンダメンタルズとして捉えられるもので、過去の価格上昇トレンドと一致してきた経緯もある。

Joe007が指摘するのは、あくまでも現在の市場状況。資金のインフローに弱さがあると指摘する。

法定通貨の代わりに仮想通貨市場で圧倒的なシェアを持つテザー(USDT)の流入を分析、「実際、昨年7月からUSDTの資金増加はすでに低迷しており、現在強気相場の真っ最中とは言い難いと考えている」、と市場を裏付ける資金流入が弱いと説明した。

「価格トレンドは魔法のように起きるのでなく、需要と供給の不均衡と法定通貨の流入出によるもの」と、トレンドを見る上でもマーケットデータの重要性を強調している。

半減期などの強気相場に影響する適切なファンダメンタルズを無視していると指摘するコメントに対しては、「法定通貨の流入が確実に見えてくるなら強気を認めるが、それ以外はただの見せかけだ、実質的効果はまるでない」と反論している。

市場の流入ポイントとは直結しないが、一つの参考データとして利用される「CoinMarketCapのデータのUSDT時価総額」では、2019年7月(40億ドル)から、約6億ドル相当(46億ドル)時価総額が増加している。これは約15%の増加を示すデータに相当する。

ちなみに、テザーによる価格操作が指摘された2017年1月〜2018年1月(バブル崩壊まで)のサイクルは、時価総額200%増加している。

CoinPostの注目記事

アルト市場の回復トレンド、仮想通貨取引データが裏付け=バイナンス
仮想通貨取引所大手バイナンスのリサーチ部門、バイナンス・リサーチが1月の仮想通貨市場概況を発表。好調を維持したアルト市場を裏付ける現物・先物・OTCの取引状況が明らかになった。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら