ビットコインでゴールデンクロス達成 仮想通貨バブルを彷彿とさせる強気パターンか

ビットコインでゴールデンクロス達成

年初来高値を更新し続けるビットコイン(BTC)は6日、価格が再上昇。アルトコイン市場でもアルトドレイン現象が発生しない形で全面高を記録し、2017年を彷彿とさせる強気市場のパターンが意識されつつある。

新型コロナウイルスなどの影響で、国際株式市場から、ドローダウンを嫌気する投資家の資金がオルタナティブ資産に向いているとの見方が強まる中、半減期や堅調なハッシュレートも意識される形で、ビットコインは心理的節目の100万円を突破。循環物色の思惑から、アルト市場でも価格が高騰するケースが相次いだ。

ビットコイン市場は、短期と長期の移動平均線でゴールデンクロスが確認。買いシグナルを表す三役好転、200日移動平均線を突破するなど、テクニカル面の地合いの強さも示している。

①1月19日に実現した21日移動平均線(短期)と90日移動平均線(中期)のゴールデンクロスを皮切りに、上昇モメンタムを強めたビットコイン市場。②27日には200日移動平均線を突破、③2月5日には21日移動平均線(短期)と200日移動平均線(長期)のゴールデンクロスも実現した。

今後のさらに上昇を強めることが意識されるポイントとしては、中長期的なトレンド転換を示す90日移動平均線(中期)と200日移動平均線(長期)のゴールデンクロスの発生時期となりそうだ。

これらテクニカル指標のポイントは、2019年にビットコインが高騰した際に見られたトレンド転換ポイントでもある。(チャート内:紫・緑の円)半減期などのファンダメンタルズ的な強さも含め、2019年よりトレンドが意識される格好となりそうだ。

また、注目したい動向に、市場内資金フローの中核を担うテザーの動きがある。

大口の動向をトラッキングするBOT「Whale Alert」の報告によると、「102,155,590USDT(112億円相当)」のテザーがbitfinexから移動する動きが確認された。

このタイミングの情報を追うと、テザートレジュリー上でUSDTがバーンが実行されていることがわかった。

USDTトークンの合計供給量が必要分を越えたとみなされたタイミングで「redeemed(償還)」が実行される発行USDTのバーン。いわゆる市場のテザー供給量を減少させる仕組みであることから、価格操作の思惑や需要と供給の不均衡と法定通貨の流入出を見るポイントとしては、マイナスポイントとして捉えられる材料だ。

今回、このテザーバーンの報告が行われる中で、ビットコインが堅調な市場推移を維持しているポイントには、強気相場を裏付ける一つの注目ポイントと捉えられるかもしれない。

仮想通貨関連ニュース:イーサリアム、ビットコイン

一方、アルトコインのファンダメンタルズ面では、イーサリアム開発者らがイーサリアム2.0のデポジットコントラクトに関するローンチ目標を発表。今春にもローンチを行う目標だという。

デポジットコントラクトとは、フェーズ0に当たる「ビーコンチェーン」でPoSのステーキングを行うための記録用のコントラクトに相当する。

1月には検証が完了、今後6週間程度のパブリックレビュー期間が要する予定だ。コーディネーターのDanny Ryan氏は「特に問題がなければ、今春には実装することができるだろう」と述べた。

イーサリアムリサーチャーのJustin Drake氏はローンチの日程を5月と試算。会議内容では、「ビーコンチェーン」にかかる監査結果は来週にも公開される予定(仮)。監査結果が公開されれば、ビーコンチェーンの実装日程に向けて、より確実なスケジュール感で動くことが想定される。

ビットコインの最新ニュースに関しては、以下の通り。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用