米国民的アニメ「シンプソンズ」、仮想通貨の仕組みを紹介 未来予想でも注目の声

ザ・シンプソンズで、仮想通貨紹介

米国の国民的アニメ「ザ・シンプソンズ」の最新エピソード(13)で、仮想通貨(暗号資産)を紹介する内容が放映された。「クリプトカレンシー」をテーマに、著名俳優ジム・パーソンズが仮想通貨に関する簡単な解説を行なった。

具体的な内容では、仮想通貨がどのような技術をベースにしているものなのか、どのようにトランザクションを記録するのかなど、重要な発明であると説明した。ビットコインやイーサリアムなど個別銘柄の名前には触れずに仮想通貨全般というものとして紹介している。

「ザ・シンプソンズ」はFOXテレビで、1989年に放送開始した米アニメ史上最長寿番組である。日本でいうティーネイジャー向けのアニメではなく、20台半ばからの視聴者を主要ターゲット層としている。政治や経済、フィンテックなど様々な流行や社会問題も取り入れたコンテンツを放送するウィークリー番組だ。

また、「ザ・シンプソンズ」は未来を予測する番組と見ている視聴者も多くいる。例として、2016年大統領選の19年前に、番組ではトランプ氏が将来大統領になったというシーンがあった。米著名経済誌BusinessInsiderは先日、「ザ・シンプソンズ」で、正確な未来予測が確認されたのは18回という統計を掲載した

現在、放送された仮想通貨の紹介を受け、仮想通貨が果たして将来いつか普及するか「注目すべきだ」と主張する視聴者のコメントが海外SNSを中心に散見されている。

CoinPostの注目記事

米CNBC、仮想通貨の番組内容を連日放送 ビットコイン高騰受け
全体仮想通貨(暗号資産)市場の上昇トレンドを受け、米大手メディアCNBCにおける関連話題の露出度も増加。米国バイナンスやモルガンクリークキャピタルのCEOは上昇要因を語った。
日本のテレビ番組で放送:仮想通貨を活用する次世代型ブラウザ「Brave」の魅力
仮想通貨BATでトークン設計を行う次世代型ブラウザ「Brave」について日本のテレビ番組が放送。広告ブロックや節電効果、Braveが世界で利用される魅力を紹介した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します