速報 コインチェック、仮想通貨QTUMの新規取扱いを発表

コインチェック、仮想通貨QTUMの新規取扱いを発表

仮想通貨取引所コインチェックは25日、Qtum(QTUM)の新規取扱いを発表した。

2019年11月にステラ・ルーメン(XLM)を追加してから3ヶ月ぶり。取り扱い銘柄は計12種類になった。

コインチェックの取り扱い発表も、執筆時点(10分後)では未だ大きな価格への影響は見られていない。

QTUMは、ビットコインの安全性の高い残高確認方式「UTXO/ Unspent Transaction Output」と、イーサリアムのスマートコントラクト技術を併用したビジネス志向的ブロックチェーンプラットフォームとして誕生したプロジェクト。ICOでは10億円強の資金調達を行なっている。

PoS(Proof of Stake)を採用する通貨で、コインチェックが新たに開始したステーキングサービスへの採用も視野に新規の取り扱い通貨として採用した可能性がある。

分散型アプリケーションプラットフォーム(Dapps)としての機能も備えており、qtumeco.ioで確認できるQTUMを利用するdAppsは24種類(活発な状況とは言い難い)。グーグル運営のクラウドサービス「グーグル クラウド プラットフォーム(GCP)」のソフトウェアパートナーとして提携するほか、アマゾン・ウェブサービス (AWS) 中国地域部門と技術提携を行なっている。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ステーキングとは|初心者でもわかる「報酬」の仕組み
仮想通貨イーサリアムのPoS採用予定や大手仮想通貨取引所コインチェックのサービス開始で、国内外で一気に認知度が高まることとなったステーキングについて、実際の利率など詳しく解説。
仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|2020年以降に注目が集まる理由
コインチェックなど国内外の仮想通貨(暗号資産)ステーキング関連サービスが関心を集め、時価総額2位のイーサリアムPoS移行を控えるなか、ビットコイン(BTC)で採用されるPoWとの違いやPoSのメリットについて詳しく解説。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら