シンガポール副首相は”仮想通貨取引を禁止するほどの理由はない”と主張

仮想通貨取引は禁止しない
シンガポール中央銀行は徹底的な研究をした上で、仮想通貨取引を禁止するほどの理由がないと判断しました。
仲介者の規制は考えている
マネーロンダリングおよびテロ資金調達の対策として仮想通貨取引所などの仲介者の規制は見られるでしょう。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨規制

中央銀行による仮想通貨とその取引についての研究の末、シンガポール副首相が国民間の仮想通貨取引を禁止する理由がないことを強調しました。

中央銀行を担当するシンガポール副首相Tharman Shanmugaratnam氏は昨日、英国議会で3人の欧州議会議員(MEP)に対し、シンガポールでの仮想通貨取引禁止の可能性についての質問に答えました。

質問は中国の国内取引所禁止および韓国の(今ではプレミア価格が無くなった)地元取引市場に対する敵意ある態度について言及しました。

そのうちの一つは以下のようなものです。

―「ビットコイン初めとする仮想通貨自体を禁止するようなことは考えていますか?」

「仮想通貨は実験的なものだ」

シンガポール副首相は上記のように答え、国際的にその数が増加し、現在初期段階にあることを説明しました。

彼は仮想通貨が成功するかどうかを決めるには「早すぎた」と述べ、「完全な実装」を理解するには時間がかかると説明しました。

中国の取り締まりと同種の禁止についての質問に対する答えが彼の意見をはっきりと表しています

「シンガポール金融管理局(シンガポールの中央銀行=MAS)はこれらの開発と危険性を厳重に研究してきました。今現在、仮想通貨取引を禁止するほどの理由はありません。しかし、仲介者として関わっているものにはマネーロンダリング規制法に従ってもらいます。」

この発言は昨日MAS常務取締役Ravi Menon氏が発表した意見に近いです。

中央銀行のチーフは、当時、Bitcoin自身は規制を必要はなく、現行の反マネーロンダリング対テロ資金調達法に従わなければならない交換事業者のような仲介業者の規制を指摘しました。

「現在仮想通貨には主に2つの利用方法があります。一つ目は決済方法で、二つ目は最近目立ってきましたが、仮想通貨自身が財産として扱われることで、人々は利益を出そうと仮想通貨を取引しています。」

彼は続いて仮想通貨取引所の規制について明かしました。

ビットコインのような仮想通貨を1つの小売決済サービス法律の元で規制することを考えています。

同副長官は、「最近の数週間でのビッグコイン価格の大幅な下落はリスクを証明しています。」と述べました。

ですが、シンガポールの上級職員は、当局は今後も仮想通貨に慎重なアプローチを取ることを強調しました。

彼はこのように述べています。

「我々は仮想通貨の利用が伴うブロックチェーン分野での実験を続けます。なぜなら仮想通貨自体の革新が経済的または社会的に有益となる可能性があるからです。しかし同時に、新たな危険にも注意し続けます。」

No Strong Reason to Ban Cryptocurrency Trading: Singapore Deputy PM

Feb. 6, 2018 by Samburaj Das

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用