CoinPostで今最も読まれています

大規模QE4でビットコインに好転の兆し、新局面を迎える仮想通貨市場

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨市況

米FRBによる無制限「量的緩和」のサプライズを受け、ビットコイン(BTC)は一時800ドル幅上昇、その後米株市場の急落に引きずられる場面があるも、明け方にかけて大きく持ち直した。

量的金融緩和政策(Quantitative easing、QE)とは、金利引き下げではなく、市中銀行が保有する中央銀行の当座預金残高量を拡大させることによって金融緩和を行う金融政策だ。

米連邦準備理事会(FRB)は23日、臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、追加の大規模量的緩和を発表。米国債や住宅ローン担保証券(MBS)の買い入れを無制限とする異例の措置となる。

中小企業向け融資を担保とする資産担保証券(ABS)の買い入れ措置も決定、米財務省と連携し、企業向けに最大3000億ドルの資金供給制度も新設することに決めた。市場の動揺を抑え、景気を下支えする狙いがある。

パニック相場における換金需要

背景としては、コロナショックに伴う株価暴落のみならず、リスク資産以外も投げられる「Flight to cash(現金への逃避)」の流れが加速していたこともある。

15日の量的緩和の再開で、米国債5000億ドル、MBS2000億ドルの買い入れを発表したものの、株式の暴落で株の信用取引をしていた個人投資家による「追証回避」売りが過去最大規模にまで膨らんだほか、資金繰りが厳しくなることを見越した企業も現金化を加速。これまで安全資産とされ、リスクオフで買われていた金(Gold)や米国債(U.S. Treasuries)まで大幅に売り越しが行われた。

実体経済へのダメージが深刻化するとの判断に伴う市場心理の急悪化を受け、長期保有の年金基金や政府系ファンドも米国債の運用配分を減らし、民間金融機関の保有国債売却が相次ぐなど、不測の事態に備えた”現金化”の流れに歯止めが効かなかったと言える。

試されるビットコインの真価

欧米での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経済活動停滞への懸念は根強い。 無制限量的緩和の発表を受けて米ダウ市場は一時急騰するも、すぐに反転して売り優勢に傾き、終値は前週末比582ドル安の18,591ドルまで続落している。

そのような状況にある中、ビットコイン(BTC)市場は、直近の値動き同様に株式市場と完全相関することなく、前日比12.1%高の6630ドル(73万円)と大幅上昇してみせた。

かつての”金融危機”を機に誕生した、ビットコイン(BTC)の真価が試されている。

最初に生成されたジェネシスブロックには、『Chancellor on brink of second bailout for bank』の文字が刻まれており、伝統金融のアンチテーゼでもあるからだ。

インフレ局面では、希少性の高い金やプラチナなどの「貴金属」は、値下がりしにくい資産だとされる。量的緩和に伴うインフレーションで物価が上昇すれば、相対的に現金(預貯金)の価値が目減りする懸念があることなどから、デジタル・ゴールドの性質を有するビットコイン(BTC)がこれに追従した可能性もある。

金のチャート

投資家の不安心理を投影するVIX指数は、16日にリーマン・ショック時のピークに匹敵する82.5%に達していたが、24日時点で61.5%まで低下。債券(10年物米国債)も上昇しており、換金売り需要の一服を示唆している。

新型コロナウイルスの世界的なアウトブレイクで、各国はエリア封鎖や渡航制限などの強硬手段で封じ込めに躍起となるも、治療薬・ワクチンの完成には最短一年程度を要するとされ、現時点では終息の気配が見えない。今後露呈する雇用統計やGDPなど、各種経済指標の劇的な悪化を市場がどこまで織り込んでいるかは未知数であり、仮想通貨市場も引き続き予断は許さない。

しかしながら、換金需要の一巡および量的緩和本格化で、株価暴落時の相関性が再び低下し、逆行するような値動きが認められるようになれば、ビットコインがビットコインたる所以を再確認できるかも知れない。

CoinPostの関連記事

ビットコイン半減期まで2ヶ月:中国仮想通貨マイナー再び優位に 超高性能のマイニングマシンが完売
最大手マイニングマシンメーカーのBitmainは23日、最新版ビットコインマイナーの「Antminer S19」が販売開始当日に完売したことを伝えた。半減期に向けて、中国の仮想通貨マイナーが再び台頭する可能性がある。
歴史的な採掘難度下落予想の仮想通貨ビットコイン、米株市場との30日相関が過去最大に
新型コロナの影響で米失業者数が平時の10倍となる200万人規模に達するとの試算もある中、仮想通貨ビットコインとS&P500の月間相関が過去最大規模に達した背景は。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
06:15
米SECが承認、ブラックロックなど8銘柄のイーサリアム現物ETFの19b-4フォーム
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア