CoinPostで今最も読まれています

コインチェックが業務改善計画を提出/記者会見の内容まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

2/13の20時に記者会見を実施
既にコインチェックは金融庁に業務改善計画を提出し、日本円出金も再開しています。仮想通貨の出金及び取引は未定のままです。(※20時51分追記)また、記者会見の内容を全てまとめました。

20時に行われた記者会見の内容まとめ(※追記)

(※20時51分追記)

20時より実施された記者会見にCoinPost編集部も参加し、ライブ配信を実施しました。

内容のまとめはこちら↓です。

Q.補償日時、仮想通貨の出金と取引再開の日時は?
A.未定、外部のセキュリティ企業に確認後再開予定。
Q.事業は継続するのか?
A.継続したいと考えている。ただし、登録業者になれない場合は廃業となる。
Q.匿名通貨の取り扱いは?
A.継続したいと考えている。
Q.金融庁とはどのようなやり取りをしている?(会社の収支などについても)
A.現時点では報告出来ない。
Q.会社と顧客の資金は分別管理しているか?
A.分別管理している。
Q.日本円の出金を再開して本日401億円出金があったと聞いたが、残りの日本円はどれくらい残っている?
A.報告できないが、依頼があれば全て返金可能。
Q.(ネム以外の通貨に関しても)仮想通貨市場全体の価格が下がり、売却出来なかったことによる機会損失の補償は?
A.申し訳ないが、送金と売買の再開時期は未だ未定。補填についても未定。

以上が記者会見の内容のまとめです。

以下は記者会見前の情報となります。

記者会見前の情報まとめ

2月13日、コインチェックが金融庁に業務改善計画を提出し、20時から記者会見を行うことを発表しました。

約580億円分の仮想通貨NEM(ネム)が外部流出した仮想通貨交換業者、コインチェック(東京・渋谷)は13日午後、金融庁に業務改善計画を提出した。

同日午後8時に同社本社で記者会見する予定だ。

情報引用元:日本経済新聞

本日2/13に日本円出金を再開済

コインチェックは事件発生時の1月26日以降、日本円や仮想通貨の出金、またアルトコインの取引を停止していました。

その後29日に金融庁により業務改善命令が出されて、そして本日、業務改善計画の提出と共に日本円の出金が解除されたことで話題になりました。

業務改善命令の内容は以下の通りです。

(1) 本事案の事実関係及び原因の究明

(2) 顧客への適切な対応

(3) システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化

(4) 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等

(5) 上記(1)から(4)までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

情報引用元:関東財務局

コインチェックが13日に日本円出金再開/国内取引所を取り巻く現状
公式からの発表ではありませんが、コインチェックが13日に日本円出金の再開をする方針を固めたことを、NHKや日経新聞など複数のメディアが報じました。しかし、仮想通貨出金再開の日時は不明のままです。

しかし、仮想通貨の出金及び取引の再開は未定のままです。

20時の記者会見でそれを含めた内容が発表される可能性があります。

記者会見の焦点となるのは、以下の3点だと思われます。

  • 流出した仮想通貨(NEM/XEM)の補償日時について
  • 凍結中の顧客資産である、仮想通貨の取引再開時期について
  • 会社の存続と今後の経営について

コインチェック事件の時系列

日時内容
2018/1/26ハッキングによるネム流出事件発生
2018/1/29金融庁による業務改善命令
2018/2/2改正資金決済法に基づき、金融庁が立ち入り検査を実施
2018/2/13日本円の出金再開(業務改善計画を提出)
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/07 木曜日
10:30
米地裁、バイナンスCZ前CEOの有罪答弁を受理
米国地方裁判所の判事は、仮想通貨取引所バイナンスの前CEOであるCZ氏の有罪答弁を受領した。今後、量刑が行われることになる。
10:02
JPモルガンのダイモンCEO「私が米政府にいれば仮想通貨を禁止する」
JPモルガンのCEOは、米公聴会で仮想通貨を強く批判した。ビットコインなどの仮想通貨に強く反対しているとし、もし自身が政府にいれば、仮想通貨を禁止すると主張している。
07:35
Bitcoin Core、最新バージョンをリリース
仮想通貨ビットコインのソフトウェアBitcoin Coreは、最新バージョンv26.0がリリースされた。一方で、OrdinalsやBRC-20トークンの発行ができなくなる可能性が浮上している。
07:20
仮想通貨Worldcoin、分散化目標と助成金プログラムを初公開
OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏が他のメンバーとともに立ち上げたAI・仮想通貨プロジェクトWorldcoinは、初の助成金プログラムを公開した。開発者の参入を促す狙いだ。
06:30
アマゾン、プライムゲーミングでGods Unchainedのカード配布実施へ
米アマゾンはAmazon Prime Gamingを通じてWeb3カードゲーム「Gods Unchained」と提携し、ゲーム内カードを無料で入手できるキャンペーンを開始した。
06:02
コインベース、Jitoのガバナンストークン「JTO」新規上場予定
エアドロ前に上場発表 仮想通貨取引所コインベースは、ソラナ(SOL)の大手ステーキングプールJitoのガバナンストークン「JTO」の新規上場予定を発表した。JTOはまだ流通して…
12/06 水曜日
16:05
米コインベース関連団体、大統領候補による仮想通貨討論会を開催
米コインベースが立ち上げた仮想通貨の権利擁護団体「Stand with Crypto Alliance」は、米大統領候補による仮想通貨をテーマとした公開討論会を開催すると発表した。
15:59
オプション市場で5万ドルが意識されるビットコイン相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
1BTC=45000ドルまで上昇した暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの指標について、暗号資産取引所SBI VCトレードのクリプトアナリスト「仮想NISHI」氏が解説。
13:30
ふるさと納税のNFT採用進む、記念SBTで地域振興図る
日本各地の自治体がふるさと納税の返礼品としてNFTを導入する新しい動向を紹介。JPYC商品券の活用や、海陽町、高松市、岸和田市の先進的な取り組みを探り、デジタル技術を駆使した地域活性化の可能性を探る。
12:23
ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが45000ドルまで急騰した。ブラックロックや米SEC(証券取引委員会)を巡る動きを受け、ビットコイン現物ETFの承認思惑が加速している。
12:00
ビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注
米上場仮想通貨マイニング企業Riotは、MicroBTに6万台以上の最新ビットコインマイニングマシンを発注した。これまで最大規模の注文となる。
10:50
自民党主導の「デジタル先端金融議連」、ビットフライヤー等も参加
自民党がデジタル先端金融議員連盟を発足。暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットフライヤー、コインチェックが参加。金融DX推進、Web3技術活用で現行制度の課題克服を目指す。グローバルな金融革新の状況を解説
10:30
新作Web3ゲーム「Apeiron」、Sky MavisのRoninチェーンに登場へ
アクシーインフィニティの開発スタジオSky Mavisはゲーム開発企業Fooni Magusとの提携を発表。新ゲーム「Apeiron」をRoninチェーンで展開する。
09:45
仮想通貨法人税制、2024年度も見直しへ
自民・公明の与党は、2024年度に向けた税制調査会を開催し、各省庁から出されている税制改正要望を査定。仮想通貨の法人税制を見直すことが決定したという。
08:40
ビットコイン続伸でマラソンなど仮想通貨関連株も続伸
主要な仮想通貨関連株はビットコインが44,000ドルに続伸したことを受け、6日にも続伸した。伝統金融では昨夜は10月の米求人件数データが発表され、労働市場が冷え込みつつあることが再び示されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/12/08 12:00 ~ 13:00
その他 オンライン
2023/12/12 14:00 ~ 16:00
その他 オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧