仮想通貨イーサリアム2.0、「プルーフオブカストディ」の第一段コードが完成

イーサリアム2.0、「プルーフオブカストディ」

次世代イーサリアムのETH2.0で、「プルーフオブカストディ(PoC)」における 安全な『マルチパーティ計算方法(MPC)』および第一段階のコードが完成したことがわかった。(Githubより)

コードの開発を担当するのが、イーサリアム基盤のプロトコル『PlatON』だ。

プルーフオブカストディは、ETH2.0におけるカストディのメカニズムであり、MPCの取り扱いが簡単になるように設計される。MPCの実装によって単一障害点が避けられ、ETHのステーキングコストは削減される利点があると、説明されている。

また、プルーフオブカストディは主にデータの可用性を解決する機能で、ブロックのバリデータはブロック生成をする際に、メカニズム的にデータの所有を証明するよう規定する役割だ。

コードテストにあたり、東京やシドニー、シンガポール等において20のノードで試行されており、ブロックタイム12秒という基準値を満たしているという。今後、100ノードの利用を目標に、コード作りの続行や現コードの改善が行われる予定だ。

創設者のヴィタリックは先日、2.0のフェーズ0のマチルクライアントのテストネットが4月に開始できる公算が高いと明かすなど、ETH2.0の実装に向けて、開発・テストが加速している。

参考:Github

CoinPostの注目記事

イーサリアムやステラ主導で仮想通貨全面高、ビットコイン高騰の背景
6日の仮想通貨市場は、前日比20%高のイーサリアム(ETH)やステラ(XLM)が先導する形で全面高となった。ビットコイン(BTC)上昇の背景は。
仮想通貨ビットコイン、ダウ・金の利益確定売りに連れ安 XRP(リップル)は20円を維持
仮想通貨市場は8日、米国株式やゴールド市場を意識する展開が続き、高騰したビットコインも、金融市場の戻り待ちや利益確定の売りに押された展開を受け、小反落した。イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)も重要水準を維持している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します