バイナンス米国、仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングサービスを開始

バイナンス、米国でテゾスのステーキング

米国版バイナンスの「Binance.US」は、仮想通貨テゾス(XTZ)のステーキングサービスを4月16日(EST9時)に開始する予定だ。米国でのステーキングは3銘柄目となる。

本家バイナンスと同様に、対象銘柄を取引所ウォレットに預けたままでスナップショット取られる仕組み。ステーキングの手数料は無料で、毎月の20日までには当月の報酬を配布する。

Binance.USはすでにALGO(アルゴランド)とATOM(コスモス)のステーキングに対応している。

また、本家バイナンスでは直近、Lisk(LSK)とEOS(イオス)のステーキングサービスを開始したなど、パッシブ・インカムサービスを拡大している。

参考:バイナンスUS

CoinPostの注目記事

最大手取引所バイナンス、仮想通貨ビットコインのオプション取引サービスを開始
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、スマホアプリで可能なビットコインのオプション取引サービス開始を発表した。わかりやすい商品設計で幅広い層に訴求する。
バイナンスのクレカ仮想通貨購入サービス、21カ国で利用不可に
大手取引所のバイナンスは、VISAやMastercardのクレジットカードで仮想通貨を購入できる機能が一部の国や地域で利用不可となることを発表。各国の規制に対応するためとみられ、一時的な措置であるとしている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用