SBI VCトレード、仮想通貨の価格予想レンジを公開 ビットコインなど3銘柄に対応

SBI VC Trade (SBI VCトレード)がツイッターで、仮想通貨の価格予想レンジデータの公開を開始したことがわかった。

価格の予想レンジに対応するのは、ビットコイン(BTC/JPY)、イーサリアム(ETH/JPY)、リップル(XRP/JPY)の3銘柄。

ビットコインとイーサリアムは、オプションのインプライド・ボラティリティを参考に算出。XRPは、短期のヒストリカル・ボラティリティ等から予測して算出されている。

ある一定時点での価格を基準に、約60%の確率で収まるレンジと約90%の確率で収まるレンジをチャート上で表示。約1日後までの予想価格レンジを算出する。

23日時点の最新データを確認すると、23日朝7時時点のビットコイン価格764,901円を基準に、24時間後までの予測レンジを表示。24時間後の24日7時時点で、約60%の確率で収まる予想レンジは「746,465〜783,261円(約2.5%)」、約90%の確率で収まるレンジは「728,067〜801,659円(約5%)」となる。

出典:SBI VC Trade


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します