新型コロナ治療薬「レムデシビル」臨床試験でポジティブな効果、仮想通貨ビットコイン騰勢を強める

新型コロナ治療薬

米ギリアド・サイエンシズ社は29日、新型コロナウイルス治療薬レムデシビルが、臨床試験で主要評価項目達成したことを発表した。ロイターなどが報じた。

同社は14日、新型コロナウイルス感染症を対象とした米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)主導の第3相臨床試験の開始を発表。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患、重篤症状を示す入院患者に対し、レムデシビルの5日および10日投与レジメン(計画書)について、安全性と有効性を評価していた。

今回、臨床試験の被験者の内、少なくとも52%が14日後に退院し、少なくとも53%が「臨床的回復」に達したと報告されたという。

安倍首相は27日、新型コロナの治療薬候補レムデシビルについて、重症患者を対象に「まもなく薬事承認が可能となる」と言及。審査手続きを簡略化する「特例承認」を適用する方針を明らかにしていた。治験結果については不十分でまだ候補段階ではあるが、富士フイルム富山化学の抗インフルエンザ治療薬「アビガン」に先行して、医療機関に導入される可能性が高まっている。

なお、米1-3月期の四半期GDP速報値は-4.8%と過去10年の最悪水準を記録するも、米ダウ平均株価は上昇。FRB(連邦準備制度)の追加緩和期待なども思惑となった。

ビットコイン(BTC)が高騰

このような株式市場の反騰は仮想通貨市場にも追い風となった可能性がある。半減期まで2週間を切ったビットコイン(BTC)は本日、コロナショック前の価格水準となる8,000ドルまで回復。

そのまま騰勢を強め、記事執筆(22:40)時点で8,300ドルをマーク。昨日急騰したリップル(XRP)をはじめ、時価総額上位の主要アルトコインも全面高となった。日経平均株価も回復基調にあり、先月よりコロナショックで大きく下落していた金融市場全体であるが、各国の大規模金融緩和策などが功を奏し、短期的にはリスクオフからリスクオンへと変わりつつある。

コインチェック銘柄

3月に発生したコロナショックでは、新型コロナの感染拡大で世界経済へのダメージが深刻なことが明らかになるにつれ、市場のセンチメントが急悪化し、米ダウ平均などが史上最大の暴落を記録。投資家の追証回避売りや企業の手元資金の確保に伴う「全資産現金化」の流れを受け、ビットコイン(BTC)も大幅安となるなど、直近では米国株と相関する値動きも多く確認されていた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用