4兆円ファンドのビットコイン市場参入示唆、BitMEXアーサーヘイズなど有識者の見解は

4兆円ヘッジファンド参入示唆

先日4兆円規模のヘッジファンド運営者が、ビットコイン先物取引を検討していると発言。仮想通貨業界への追い風になるとして話題になり、識者達が2020年ビットコインに期待できる理由を語っている。そのうち幾つかを紹介したい。

話題となった発言の主は、Tudor BVIファンドを運営する著名投資家Paul Tudor Jones。ビットコインに期待する理由として、発行上限があることを挙げた。

ゴールドにも採掘上限はあるものの明確ではなく、「現在、世界で取引されている資産の中で、唯一明確な上限があるのはビットコインのみだ」と稀少プレミアがつく可能性を指摘。ビットコインは法定通貨のインフレーションに対するヘッジになると述べていた。

BitMEXのCEO、投資ファンドのBTC市場参入を予測

この発言を受けて、大手仮想通貨取引所BitMEXのCEO、Arthur Hayesがツイート。

Paul Tudor Jonesの発言は、ファンド関係者がビットコインに投資する上での、職業的なリスクを和らげてくれた。多くのファンドマネージャーも、彼に続くのではないか。

金融業界の大物がビットコインを評価したことで、他のファンドもこの先ビットコイン取引に参入するのではないかと予測した格好だ。

「ビットコインにはゴールドよりも利点がある」

また仮想通貨に重点を置く投資ファンドのCEO、Brian Kellyも米メディアCNBCに出演。Paul Tudor Jonesの発言はビットコインにとって追い風になると述べ、ゴールドとビットコインを比較してみせた。

Brian Kellyによると、現在のビットコインは、70年代のゴールドと同じような状況に置かれているという。70年代は金本位制が廃止され、ゴールドはボラティリティの高い投機的なものになった。ビットコインも現在同様の位置にあり、潜在的な報酬率や機動性が高いと同氏は語る。

また、ビットコインの利点としてインターネットで即時に送金できることを挙げた。

先日、ロンドンからニューヨークに金の延べ棒を売ることができなかったため、現物ゴールド価格と先物ゴールド価格が乖離する問題が発生した。ビットコインでは、そのような輸送に関連する問題はない。

ビットコインはデジタルという性質を持つため機動性が高く、ゴールドよりも利点があるという。

5月時点でBTCがトップのリターン成績

投資顧問会社Fundstratの運営パートナー、Thomas Leeも5月9日のツイートで、昨年に続き2020年も現在ビットコインが抜群のパフォーマンスを示していると指摘。Paul Tudor Jonesのファンドがビットコイン先物取引に参入を検討していることも理由に挙げている。

ビットコインは、2020年度の年初から現在までに+39%のリターンを記録しており、これは米国債の+21%、ゴールドの+13%と比べても抜群の成績だと指摘している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用