CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨を保有しながら配当を得る方法|PoS通貨一覧と年間収益率

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

コンセンサス・アルゴリズムとは
コンセンサス(合意)とアルゴリズム(方法)という意味。ブロックチェーン技術には、銀行のような管理者が存在しないため、第三者が取引の正しさを証明する方式を「コンセンサス・アルゴリズム」と呼びます。
アルゴリズムの違い
PoW・PoS・PoIなど複数ありますが、この記事ではPoS、及びPoS通貨について解説しています。
PoS通貨一覧
PoS通貨には多くの種類が存在しますが、一覧表では「より簡単に仮想通貨を得ることが出来るPoS通貨」をピックアップしました。

仮想通貨における主なアルゴリズム

仮想通貨の代表的なアルゴリズムとして、Proof of Work(PoW)やProof of Stake(PoS)が存在します。

Proof of Work(PoW)とは

PoWはビットコイン、モネロ、ダッシュなどが採用するアルゴリズムであり、ブロックをマイニングして報酬をもらうために膨大な計算作業を行い、取引記録の改ざんを防ぐための仕組みです。

デメリットとしては、マイニング作業時に大量の電力を使用するため、電気代が非常に嵩むことです。

加えて現状では、豊富な資金力を持つマイナーが大きなシェアを占めており、個人で参加するのは現実的に厳しいものとなっています。

さらに、悪意のある巨大マイナーにより、マイニンング速度の51%(50%以上)を支配し、独占・悪用されてしまう恐れもあります。

これが「51%攻撃」と呼ばれるものです。

Proof of Stake(PoS)

PoSはネオ、エイダなどが採用するアルゴリズムであり、仮想通貨の保有量が多いほど取引の承認権、つまり新しいブロックをブロックチェーンに繋ぐ権利を得やすい仕組みです。

PoWと異なり、「電力問題や51%攻撃の危険性を軽減」しており、処理能力に関係なく、コインの保有量と保有期間に応じて報酬が貰える点が特徴です。

デメリットとしては、コインの保有量で格差が生まれやすいこと、コインを長期間保有するために流動性を損なう恐れがあることです。

PoSは、通貨をウォレット(インターネットに繋がっている状態)に入れておくだけで、初心者でも比較的簡単にステーキング(配当を得る)することが出来るというメリットがあります。

注意点と免責事項

当ページは、紹介している「PoS通貨」の信憑性・正確性を保証するものではありません。

また、年間利益に関しても状況に応じて随時変化するため、確定した収益%ではありません。

一覧表の数字は2月21時点での情報になりますが、その通貨の状況に応じて非常に変動しやすいものです。

よって、それぞれの通貨の内容を独自で調査してから投資して下さい。

特に、収益性が高い通貨の中にはまだ新しく発行されたばかりで収益が高くなっているだけの場合もあります。

万が一、破綻や盗難などが起こるリスクもあるため、繰り返しになりますが、投資される際は内容を精査した上、自己責任でお願い致します。

比較的メジャーなPoS通貨一覧

通貨名 年間収益率 参考サイト
Dash (DASH)
約7.5%(マスターノード) DASH公式サイト
NEO (NEO)
約5.5%(NEO→GAS) NEOステーキング計算サイト
Qtum (QTUM)
1% QTUM公式サイト
PIVX (PIVX)
約4.8% PIVXステーキング計算サイト
OKCash (OK)
10%。半減期(3月9日付近)で5%に減少 OKステーキングガイド
NAV Coin (NAV)
最大5% NAVステーキングガイド
Stratis (STRAT)
0.5%〜1% STRATステーキングガイド
ReddCoin (RDD)
約5% RDDステーキングガイド
Bean Cash (BITB)
48% BITB公式サイト

比較的マイナーなPoS通貨一覧

通貨名 年間収益率 公式サイト
PACcoin (PAC)
30日間ごとに7%〜9% PAC公式サイト
2GIVE (2GIVE)
5% 2GIVE公式サイト
808Coin (808)
17% 808公式サイト
Abjcoin (ABJ)
15% ABJ公式サイト
Aerium (AERM)
500% AERM公式サイト
AllSafe (ASAFE2)
15% ASAFE2公式サイト
AmberCoin (AMBER)
25% AMBER公式サイト
Atomic Coin (ATOM)
100% ATOM公式サイト
AudioCoin (ADC)
18% ADC公式サイト
B3Coin (KB3)
100% KB3公式サイト
BERNcash (BERN)
10% BERN公式サイト
Birds (BIRDS)
60% BIRDS公式サイト
BitBar (BTB)
5% BTB公式サイト
BitBay (BAY)
1% BAY公式サイト
Bitradio (BRO)
5% BRO公式サイト
Bitvolt (VOLT)
3% VOLT公式サイト
BlackCoin (BLK)
1% BLK公式サイト
Centurion (CNT)
3% CNT公式サイト
CloakCoin (CLOAK)
6% CLOAK公式サイト
ClubCoin (CLUB)
20% CLUB公式サイト
ColossusCoinXT (COLX)
5% COLX公式サイト
Diamond (DMD)
25% DMD公式サイト
BOAT (BOAT)
5% BOAT公式サイト
DraftCoin (DFT)
10% DFT公式サイト
DROXNE (DRXNE)
40% DRXNE公式サイト
Emercoin (EMC)
6% EMC公式サイト
EverGreenCoin (EGC)
7% EGC公式サイト
ExclusiveCoin (EXCL)
100% EXCL公式サイト
Experience Points (XP)
30% XP公式サイト
FlutterCoin (FLT)
5% FLT公式サイト
GanjaCoin (MRJA)
25% MRJA公式サイト
Global Currency Reserve (GCR)
5% GCR公式サイト
GPU Coin (GPU)
15% GPU公式サイト
Happycoin (HPC)
5% HPC公式サイト
HempCoin (THC)
5% THC公式サイト
HiCoin (XHI)
5% XHI公式サイト
HoboNickels (HBN)
2% HBN公式サイト
HTMLCOIN (HTML)
2% HTML公式サイト
HyperStake (HYP)
750% HYP公式サイト
IncaKoin (NKA)
94% NKA公式サイト
Influxcoin (INFX)
8% INFX公式サイト
I/O Coin (IOC)
4% IOC公式サイト
Magi (XMG)
5% XMG公式サイト
Mintcoin (MINT)
5% MINT公式サイト
MojoCoin (MOJO)
10% MOJO公式サイト
Monkey Project (MONK)
365% MONK公式サイト
Neuro (NRO)
8% NRO公式サイト
NoLimitCoin (NLC2)
4% NLC2公式サイト
Novacoin (NVC)
100% NVC公式サイト
Obsidian (ODN)
10% ODN公式サイト
OP Coin (OPC)
100% OPC公式サイト
Pandacoin (PND)
2.5% PND公式サイト
Peercoin (PPC)
1% PPC公式サイト
Printerium (PRX)
50% PRX公式サイト
Quotient (XQN)
161.8% XQN公式サイトなし
Regalcoin (REC)
10% REC公式サイト
Rupaya (RUPX)
10% RUPX公式サイト
Shorty (SHORTY)
7% SHORTY公式サイト
Signatum (SIGT)
5% SIGT公式サイト
Social Send (SEND)
50% SEND公式サイト
Spectrecoin (XSPEC)
5% XSPEC公式サイト
Sterlingcoin (SLG)
5% SLG公式サイト
TEKcoin (TEK)
120% TEK公式サイト
TeslaCoin (TES)
12% TES公式サイト
TransferCoin (TX)
9% TX公式サイト
Vcash (XVC)
0.8% XVC公式サイト
XGOX (XGOX)
125% XGOX公式サイト
Zeitcoin (ZEIT)
25% ZEIT公式サイト
Zennies (ZENI)
1% ZENI公式サイト
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。
07:40
英TP ICAP、仮想通貨交換業者として当局から承認
英大手インターディーラーブローカーのTP ICAP社は機関投資家向けの仮想通貨取引サービスを提供する業者として英FCAに承認された。
07:25
アップル、コインベースにNFT送信機能停止を要請
米仮想通貨取引所コインベースは、アップル社のiOS版向けのコインベースウォレットで、NFTの送信をできないようにしたことを発表。送信機能を停止した理由を説明した。
06:55
2日朝|NYダウ反落 バイナンスIEO銘柄高騰
今日のニューヨークダウ平均は昨日の利上げ減速期待上げから一転し米景気後退のリスクが意識されている形で反落。バイナンスのIEO銘柄HOOKは高騰している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧