ビットコイン採掘でハッシュリボンに「降伏シグナル」、仮想通貨市場は大幅下落

仮想通貨市況

軟調な展開が続く仮想通貨市場。

25日のビットコイン(BTC)は、前日比-4.33%の94.8万円(8,770ドル)に。

12日に半減期を迎えたビットコイン(BTC)は、10,000ドル目前まで複数回上昇したものの、21日の高値9,800ドルから転落基調となった。一時8,600ドルを付け、5月の高値より約15%低い位置で推移するなど大幅続落が続いている。

2009年のビットコイン送金も、市場の動揺を招き、相場の下押し要因となった。(記事下関連リンク)

関連:ビットコイン暴落に2つの背景、「2009年物BTC」送金で仮想通貨市場が動揺か

テクニカル上は、日足の並行チャネルを割り込み、3月12日のコロナショック以来の上昇トレンドの終焉と、下落トレンド転換を示唆している。

BitMEX日足チャート

海外トレーダーのBig Chonisは、週足の「毛抜き天井」を指摘している。毛抜き天井は、前回高値と次回高値が2回とも上ヒゲで並んでいるローソク足を指す。

一方で、短期的には売りが過熱しており、8400ドル以下には意識されやすい複数の下値支持線も見られることから、一直線に下落し続けることも考えにくく、完全にトレンド転換したかどうかは慎重に見定める必要がありそうだ。

下落シグナルに警戒感

12日の半減期後、ビットコインマイナーの能力と稼働状況を示すハッシュレート(採掘速度)は、半減期前の駆け込み需要に伴うピーク時の20%減にまで落ち込んだ。今後さらに下落する可能性がある。ハッシュレートとは、ビットコインのマイニング(採掘)をする際の秒間計算力のことだ。

最新のハッシュレート(週平均)

このような状況にあるなか、採掘速度の2つの移動平均インジケーターを示す指標「ハッシュリボン」において、長期線(60日移動平均線)が30日移動平均線をデッドクロスして下回った。(下図)

これは、2018年11月に6,000ドルから3,150ドルまで急落する数週間前に見られたシグナルで、”マイナーの降伏”を示唆する。

出典:newsbtc.com

半減期を経て、ビットコインの供給量が減ることで希少価値が高まる一方、ブロック報酬が半減したことで、旧型マシンと高い電気代で操業していたマイナーの多くが採算割れを引き起こしていることは自明だ。そんな中、BTCの中期的な価格低迷は、事業存続が困難となるマイナーをまとめて淘汰し、撤退に伴う保有BTCの大量売却が、さらに価格の売り圧力となる負の循環に陥る可能性も考えられる。

一方で、売り圧力が一服し、BTCデフィカルティ(難易度)調整が適切な水準に調整されれば、淘汰が進むとともに新たな高効率マイナーが参入してくる可能性もある。Hash Ribbonsについて、国内仮想通貨トレーダーのDEG氏は、以下のような見解を示している。

また、海外アナリストJonny Moeは、昨年12月のBTC低迷時、「BTCマイニングにおける、ハッシュレートの30日移動平均線が、60日移動平均線を上回る」という、ビットコインの歴史上、過去10回しか出ていないマイナーの”降伏シグナル”が出ていると指摘した。

なお、Bitcoin Difficulty Ribbonは、ブロックチェーンアナリストのWilly Wooが提唱している。

Bitcoin Difficulty Ribbonは、マイニング活動がビットコイン価格に及ぼす影響を計測するもので、底値圏での反転、及びバンドのスクイーズ(収縮)は、弱小マイナーによる廃業・事業撤退(縮小)を示し、過去の半減期でも同様の推移が見られた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します