米SEC長官が交代の見通しか、仮想通貨規制やビットコインETFへの影響も

仮想通貨規制の風向き変化に期待

米国の仮想通貨規制領域で大きな変化が起きる可能性が浮上。

米トランプ大統領は米証券取引委員会(SEC)のJay Clayton長官について、新たにニューヨーク州南地区の地方検事への任命を検討している。司法省の公式声明で判明した。

SECのClayton長官はこれまでビットコインや仮想通貨に対し、有価証券とする規制強化寄りの姿勢を持っている。SEC長官からの退任により、非承認が続くビットコインETFを含めた仮想通貨、ICO等資金調達などへの風向きにも変化が生じる可能性がある。

分散型金融Compoundの専属弁護士を務めるJake Chervinskyはこの発表に対し、ツイッターで以下のような見解を示す。

SECの長官は仮想通貨規制にとって、米国で最も重要な公職の一つだ。Claytonの異動は良くも悪くも業界に大きな影響を与えるだろう。

次の長官の立場で、ビットコインETFの承認と長年の様々な問題に関する明確化がどちらに転ぶかは分からないが、注目される。

現任検事が反論

司法省の公式声明を受け、Claytonの任命先となるニューヨーク州南地区を統括する現検事のBermanは公式SNSで辞任を否定している。

William Barr司法長官によるプレスリリースでは、私が自ら辞任するような表現がされているが、実際私は辞任など一切してない。辞任するつもりもない。

大統領の任命した候補が国会上院に承認されたら辞任するが、それまではトランプに関連した捜査を続ける。

米CNNの報道によると、司法省のBarr司法長官はBerman検事が現在進めているトランプ大統領の選挙陣営に対する捜査をやめさせるために、「一方的に辞任させようとしている。

「クリプトママ」、長官任命の可能性は

また、クリプトママとの愛称でも知られるHester PeirceはSECのコミッショナーを引き続き任命され、2025年までの続投が決定する見込みであることが今月の始めに報じられた。

Peirceは過去に、SECがビットコインETFを承認しないことについて、「おそらく今後もSECはETFを承認する気はないだろう」と発言、過剰ともいえる水準を求めるSECが米国におけるイノベーションを妨げているとして指摘していた。

Chervinsky弁護士はユーザーからクリプトママ=Hester Peirceが長官に任命される可能性はあるのかという質問に対し、「可能性は否めない」と返答している。

米国では17日、ビットコイン先物取引を投資対象とするデリバティブ型のETFが、SECに新たに提出された。SECがこれまで、相場操縦の懸念やハッキングリスクなど一貫した理由でビットコインに関連したETFの申請を全て非承認としてきたが、純資産の一部をビットコイン先物に振り分けるETFとして見直される可能性も指摘されている。

参考:The United States Department of Justice

参考:CNN


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用