次世代イーサリアムいよいよ最終テストへ、バリデータ向け「ローンチパッド」をリリース

イーサリアム2.0に向けて

仮想通貨イーサリアムの次期大型アップグレード「イーサリアム2.0」の最終テストが8月4日に予定される。合意形成アルゴリズム「PoS(プルーフオブステーク)」における、ステーキングのための公式ポータル「ローンチパッド」が新たにリリースされた。

27日に発表されたイーサリアムブログによると、イーサリアム2.0の開発者は、今度予定される最終テストネット「Medalla」に応じて、ビットコインのマイナー(採掘者)に該当するバリデーター(承認者)に向けたローンチパッドとなる。

バリデータは、イーサリアム2.0に移行後のブロック生成ノードに該当。ローンチパッドでは、Medallaのバリデータになりたいユーザーがトークンの入金を行い、その記録を追跡できるという。

ステーキングと報酬量は、実際にステーキングされているETH数やバリデータ比率によって変動する。

Medallaとは

Medalla(メダル)は、イーサリアム財団が23日に発表したETH2.0に向けた最終テストネットの名称だ。初めてのエンドユーザー向けテストネットとなる。

Medallaを稼働させるには、メインネットに最も近い環境で検証するため、最低1万6384人のバリデータが参加し、それぞれ32ETH以上をステーキングすることが条件だ(最低52万4288ETHのステーキング)。そのため、ステーキング用のローンチパッドが今回リリースされた。

これまで度々延期を重ねてきたメインネットのローンチだが、開発のコアメンバーのAfri Schoedonは、「クライアントやプロトコルに対する重大なバグや問題が生じない限り、イーサリアム2.0のビーコンチェーン(ゼロ段階)は、今年11月にローンチできる見込み」と強調した。

DeFiによるオンチェーントランザクションが急増する中、スケーラビティ問題解消の観点からも今後のアップデートが望まれる。

最新のロードマップ

参考:イーサリアムブログ


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します