Bitmain社Jihan Wu氏:ブロックチェーン搭載のプライベートな中央銀行の創出を目指す

中央銀行発行の仮想通貨について討論
D.C.ブロックチェインサミットにて、仮想通貨マイニング機器メーカーBitmainの共同設立者Jihan Wu氏は、完全な民営企業が中央銀行の役割を果たす方が良いとして、今後数十のスタートアップに投資したいと述べました。

Jihan Wu:DCサミットにて、米国中央銀行発行の暗号通貨について言及

D.C.ブロックチェインサミット(以下、DCサミット)にて最注目のスピーカー、仮想通貨マイニング機器メーカーBitmainの共同設立者Jihan Wu氏ブロックチェーンを搭載したプライベートな中央銀行の創出を目指し、多くのスタートアップに投資する予定と発表しました。

Wu氏は2017年、Coindeskの選ぶブロックチェイン業界における最も影響力のある人物に選ばれ、Fortune誌においても世界最大のビットコインマイニング機器プロバイダー代表として年間40億ドルの利益を生み出したと発表されています。

DCサミットで同氏は、消費者によりよいユーザー体験を提供するために、完全な民営企業が中央銀行の役割を果たす方が良い、としました。

また、以下のようにコメントしました。

Bitmanでは、20か30のスタートアップに投資したいと考えている。

しかし一方で、多くのトークンがアメリカの証券取引委員会(SEC)によって規制されるとの見解も示しています。

CoinPostの関連記事

米証券取引委員会(SEC)公式声明:未登録の仮想通貨取引所は違法状態
米証券取引委員会(SEC)は、国内の仮想通貨の取引所はSECの登録なしでは違法状態である、と公式声明を出しました。アメリカでは国と州で各々が規制制度が検討している関係で、日本ほど国による取引所の管理がうまくいっていないようです。

DCサミットについて

DCサミットは財務、知的資産、ブロックチェインに関するイベントとしてチャンバー・オブ・デジタルコマース(CoDC)およびジョージタウン大学によって開催されています。

Wu氏の登場するパートでは政府関係者、スタートアップ起業家、経営者たちによりブロックチェーン、仮想通貨について議論されました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加