CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨のインデックス投資とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

時価総額の上位にいる主要通貨を組み込む、仮想通貨のインデックス投資
米国大手取引所のコインベースが世界初の仮想通貨インデックスファンドを設立するというニュースが話題になりました。インデックス投資についての情報と、既存プロジェクト2つ(IconomiとCRYPTO20)を紹介します。

インデックスとは

インデックスとは、市場全体の動きを表す指標や指数のことで、日本で一番有名なのは日経平均株価と東証株価指数TOPIXです。

アメリカだと、ダウ平均(ニューヨーク平均株価)やS&P500(米国の大型株500銘柄で構成)は有名です。

インデックス投資とは

上記で説明した指標に連動した投資信託やETFに投資するのがインデックス投資と呼ばれるもので、仮想通貨では、時価総額の上位にいる主要通貨をポートフォリオに組み込み運用する方法です。

例であげると、BTC:30%、ETH:30%、XRP:20%、BCH:20%のような形です。

仮想通貨は、他投資案件に比べリスクが非常に高く、情報の非対称性の中でリターンを上げるのは難しいことのように思えます。

よって、多通貨へ分散投資することで、リスクを極力減らし、市場リスクのみ受ける投資をするべき、と考える投資家が多い傾向にあります。

Coinbaseが仮想通貨インデックスファンド導入

昨日米国大手取引所のコインベースが仮想通貨のインデックスファンド導入を発表したことのニュースがありました。

海外大手取引所コインベース:仮想通貨インデックスファンド事業に参入
海外の大手仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」は、投資信託の一種である「仮想通貨のインデックスファンド事業」に参入することを発表しました。

仮想通貨に投資している投資家は、短期間で考えると”損失“があるかも知れないという懸念点があると感じながら、長期で見ると仮想通貨市場のさらなる発展で資金が”増えるかもしれない“ということを意味していると思います。

今後、投資信託やETFに加え、コインベースのような仮想通貨インデックスが増えてくると予想されます。

しかし、分散投資をしているため、何十倍などのリターンは厳しいものになります。

仮想通貨インデックス通貨

Iconomi (ICN)

Iconomiは、イーサリアムベースのプロジェクトの一つであり、資産運用や管理に特化したプラットフォームです。

プラットフォーム上で使われる仮想通貨をICNといい、ICN保有者には、資産の運用や管理によって発生した報酬の一部が、スマートコントラクトにより支払われる仕組みです。

インデックス投資をするには多数の仮想通貨でポートフォリオを組む必要があるのですが、Iconomiを利用することで多数の仮想通貨に簡単にまとめて投資をすることが可能です。

Iconomiでは時価総額ランキングの上位の主要通貨を集めたBlockchain Index(BLK)やアルトコインを集めたPinta(CCP)など様々なポートフォリオのような投資商品を購入できます。

Iconomiダッシュボード

まだ実装していない機能で、誰でも個人でファンドマネージャーになれる機能が追加されるようで、個人でポートフォリオを組み、それを売ることも可能です。

CRYPTO20 (C20)

CRYPTO20は、2017年に設立し、本社をケイマン諸島に置いている投資家向けの仮想通貨インデックスファンドを手掛ける会社です。

CRYPTO20の目的は、投資を簡単にそしてわかりやすくすることにあります。

仮想通貨は種類がとても多く、どのコインに投資すればいいかわからない方も多いので、自分自身で分析する代わりに投資家はCRYPTO20に投資を行うことで比較的簡単にマーケット全体の利益を得ることができます。

詳細

CRYPTO20は時価総額トップ20の仮想通貨に時価総額の割合で分散投資しています。

しかし、1通貨への投資上限はほとんど10%以内に設定されており、手数料は管理費用が年間0.5%がかかるだけとIconomiと比べて安くなっています。

加えて、自動で週に一度投資割合の調整をCrypto20側でしてくれるというメリットがあります。

まとめ

以前にニュースがあった、フィスコが日本初の仮想通貨ファンドを設立に加え、すでに世界中で100以上の仮想通貨ファンドが存在しており、投資商品として仮想通貨が株式や投資信託の商品と並ぶ可能性は十分にあると思われます。

仮想通貨インデックス投資をするかしないかにしろ、上記2通貨のポートフォリオを参考に、投資に役立ててみて下さい。

※注意

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。

仮想通貨のご購入やサービスのご利用につきましては、当サイトの閲覧者様ご自身の判断・責任で行っていただきますようお願い申し上げます。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/02 金曜日
13:13
オリーブオイル生産業者、DeFiプラットフォームでステーブルコイン建債券を発行
オリーブオイル生産業者ラマ・オリーブオイルは、分散型金融プラットフォーム「Obligate」を利用して、オンチェーン債券を発行した。この社債は、ユーロ連動のステーブルコイン「 EUROe」建で発行された。
13:02
米Circle社、USDCのアービトラムサポートを発表
ステーブルコイン「USD Coin(USDC)」を発行する米Circle社は、アービトラムのサポートを開始することを発表した。アービトラム上でUSDCが直接発行されることにより、裏付け資産の確保が約束され、いつでも1対1で米ドルと交換可能になる。
12:25
メイカーダオ、米国債への追加投資を検討
分散型金融プロジェクトの「MakerDAO」は、米国債への投資として新たに1,780億円の配分を目指す提案書の投票を開始したと発表した。0~6ヶ月間の各種満期を持つ米国短期国債の購入に充てられる目論みである。
11:45
Sui、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」と提携
Sui Networkは、F1チーム「オラクル・レッドブル・レーシング」の公式ブロックチェーンパートナーとして複数年契約を締結した。ファンとチームを結び付ける体験を支援していく。
10:25
米FRB、シルバーゲート銀行の清算に同意
米FRBは、米シルバーゲート・キャピタルとシルバーゲート銀行に対して、自主清算に同意する命令書を発表した。シルバーゲート銀行と仮想通貨業界のつながりについても指摘した。
09:35
ナイキ、米ゲーム大手EAと協業へ
Nikeとデジタルエンターテインメント企業EAは、新しいパートナーシップを締結。Web3プラットフォーム.SWOOSHのユーザーらの体験をカスタマイズできるようにしたり、向上させたりしていくという。
08:45
香港企業、米ドルステーブルコインをローンチへ
香港拠点のカストディ企業First Digitalは、仮想通貨の米ドルステーブルコインFDUSDをローンチすることを発表。FDUSDは、BNBスマートチェーンを基盤にするという。
08:15
デフォルト懸念後退 米国株反発、c3.aiは決算受けて大幅安
本日のNYダウは+153.3ドルと反発。ナスダックも+165.7ドルで取引を終えた。米下院が前日に債務上限法案を可決したことによって米国のデフォルトリスクは大きく後退している。
06/01 木曜日
21:40
Zaif、暗号資産FXサービス終了と「第一種金融商品取引業」の廃止を決定
暗号資産(仮想通貨)交換業者Zaifは1日、ビットコインやイーサリアムの暗号資産FXサービスの終了と「第一種金融商品取引業」の廃止を発表した。
15:29
AI のもたらし得る「深刻なリスク」に一部専門家が警鐘
「AIによる絶滅リスク」の軽減を訴える公開声明に、世界に名だたるAI技術の研究者や企業幹部ら350名が署名し、話題となっている。声明の主張には賛否両論あるが、AIについての議論の場を広げるものとして歓迎される。
15:10
Web3企業向けマーケティングツール「ソシャマ」リリース
ソーシャルマーケティング株式会社がWeb3企業向けのマーケティングSaaSツール「ソシャマ」の提供を開始した。仮想通貨やNFTを取り扱うWeb3事業者が抱える、ツイッターなどソーシャルメディア上でのマーケティングニーズに対応する。
12:32
英TP ICAP、機関投資家向け仮想通貨マーケットをローンチ
世界有数のインターディーラーブローカーTP ICAPは、ビットコインなど仮想通貨のスポット取引市場「Fusion Digital Assets」をローンチした。機関投資家向けで、分離運営モデルを採用している。
11:30
東京都政策企画局がデジタル証券発行支援を開始
東京都政策企画局は、デジタル証券(セキュリティトークン)発行支援事業の開始を発表した。これは、ブロックチェーン技術の広範な活用を促進し、スタートアップ企業の資金調達を多様化するための取り組みだ。
10:55
EU、包括的な仮想通貨規制案MiCAを正式承認
EUは、ビットコインなど仮想通貨に関する包括的な規制案「MiCA」を正式承認した。ステーブルコインに関する規定は2024年7月から、その他規定の多くは2025年から発効する予定である。
10:05
香港の新しい仮想通貨関連組織、Huobiが参加へ
Huobiは、香港の仮想通貨関連の新組織に加わることを発表。この組織は、香港を世界最大の仮想通貨市場にすることなどをミッションにしている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
重要指標
一覧
新着指標
一覧