リップル社XRP採用スタートアップ企業に投資へ・Ripple社の進む道とは

リップル社がスタートアップに投資
リップル社は、銀行や金融機関だけでなく、XRPのより多様的な使用を促すため、XRPに適応するスタートアップへの投資を模索しており、サンフランシスコ基盤のOmniというスタートアップには、すでに多額の投資を行いました。
最終的に多くの銀行がXRPを使用する事になるか
現時点で、リップル社の顧客基盤が国際送金サービス企業であることから、銀行や金融機関を魅了できていないとして批判されていますが、同社CEOは、最終的に多くの銀行がリップルに適応すると強調しました。

ブロックチェーン基盤の決済企業であり、仮想通貨XRPの発行企業でもあるリップル社が、XRPのさらなる発展を目的とし、スタートアップやテクノロジー企業に対する投資を模索しています。

リップル社のCEOがスタートアップ投資戦略を明かす

XRPは時価総額がビットコイン及び、イーサリアムの次に大きい仮想通貨であり、イーサリアムの約半分、ビットコインの約5分の1に相当する$305億(約3.2兆円)を記録しています。

リップル社のCEOを務めるBrad Garlinghouse氏(以下、Garlinghouse氏)は、シンガポールにて行われたMoney2020の際に、TechCrunchに対し、以下のように語りました。

私達リップル社は、あくまでも機関単位での使用に焦点を当てていくつもりです。しかし、XRPをより多様的に使用したいと考えている企業があれば、積極的に提携を結ぶつもりです。

その計画にもある通り、サンフランシスコ基盤で物の保管やレンタルサービスを提供するスタートアップのOmniに対して集まった投資$2500万(約26.5億円)の大半をリップル社及び、同社の2人の役員が投資しました。OmniはXRPをサービスに組み込む予定で、Garlinghouse氏は「あなた方は、このような事例をさらに多く目にする事になるでしょう。」と追加しました。

Garlinghouse氏は多くの銀行が最終的にリップルネットワークを採用すると予想

マイクロ決済やリップル社の商品やプラットフォームを使用したCtoCサービスを提供する企業に投資をしていく戦略は、リップル社の中核となる「銀行及び、金融機関が使用する仮想通貨」という考えの分岐に過ぎません。

リップル社のCEOは、現時点で未だ多くの銀行に受け入れられてはいないものの、採用されるのは時間の問題であるとして懸念を抱いていません。

設立したVoIP会社のDialPad(固定電話の番号を様々な端末で利用できるサービス)は最終的にヤフーに買収され、現在はそれが基準となっています。Garlinghouse氏は、現在のAT&T(米最大手電話企業)の社長を務める Randall Stephenson氏が当時DialPadが受け入れられる事はないだろうと言及していた事を強調しました。

リップル社は、一般顧客基盤が、支払い経路の中でXRPを試用している国際送金サービスで構成されていることから、銀行をXRPで魅了する事に失敗したとして批判を受けています。

Money2020のステージで、Garlinghous氏はアメリカ大統領のドナルド・トランプ氏の「偽のニュース(Fake News)」という表現を使用し、XRPの決済サービスにおいてのボラティリティの懸念を払拭しました。

彼は、決済完了がほとんどの場合数秒で完了することから、仮想通貨の価格の上がり下がりは売り上げに直接影響しないと言及しました。

サンタンデール銀行は、2月にリップル社の国際決済システムを採用しました。そして、同時に4ヵ国でサービスを提供開始し、手数料及び、為替の完全な透明化を実現しました。

Ripple Invests In Startups That Adopt XRP

Mar 13, 2018 by RICARDO ESTEVES

参考記事はこちらから
リップルニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加