Binanceが分散型取引所(DEX)を発表|BNBトークン基軸通貨の期待で大きく価格上昇

Binanceの分散型取引所(DEX)
3月13日にバイナンスの公式サイトから、分散型取引所(DEX)の開発を進めていると発表があり、基軸通貨となるBNBトークンが30%もの暴騰も見せました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

DEXの基盤となるブロックチェーンを開発

3月13日、海外の大手仮想通貨取引所「Binance」が分散型取引所(DEX)の開発を進めていることが分かりました。

DEXとは

ブロックチェーン上に存在する分散型取引所なので、運営会社の事情による破綻リスクやハッキングリスクを防ぐことができる。デメリットは、手数料がかかることと、出来高が少なく板が薄いこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

大手仮想通貨取引所のBinanceは、DEXのための独自ブロックチェーンとして、Binance Chainの開発を発表しました。

公式のアナウンスでは、以下のように述べられています。

以前から分散型取引所に関するフレームワークを幅広く調査しており、Binance Chainを開発することで、これまでの機能などを分析し、バイナンスユーザーに慣れ親しんだ取引経験を提供するべく、大幅な改善が行われます。

既存の中央集権型取引所は共存を意識し、お互いに助け合い、相互依存性ももちます。

Binance Chainはパブリックブロックチェーンとして開発され、主にブロックチェーン資産の移動と取引に焦点を当てて、新しい可能性を提供するとのことです。

Binance Chainのフォーカスは、”パフォーマンス・使い勝手・流動性“に重点をおいており、Binance coin(BNB)はさらにアップデートされて、基軸通貨となります。

この発表によって、Binance Coin(BNB)は約30%急騰、今後もプロジェクトが順調に進めば価格はまだまだ伸びる可能性があります。

CoinPost考察

これまで分散型取引所(DEX)系のプロジェクトは多く存在していましたが、世界最大規模の取引所がDEXの開発を進めているという発表で、他の取引所にも非常に大きなインパクトを与えたと思います。

既存の中央集権型取引所は不正やハッキングなどのリスクがある反面、DEXは流動性が低いなどのデメリットがありました。

しかし、今回のバイナンスの発表でDEXがより世間に認知され、他の多くの取引所のセキュリティーレベルも高くなっていくと思われるため、仮想通貨業界によりいい影響を与えるニュースと言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

分散型取引所(DEX)とは?/中央集権型取引所との違いについて解説
分散型取引所(DEX)についての解説記事です。EtherDeltaや注目ICO通貨であった0x、Kyber Network等様々な分散型取引所プロジェクトについても触れていきます。
これから主流になると予想される注目の分散型取引所(DEX)一覧まとめ
国自体の規制により取引所の閉鎖等のニュースが出て価格の乱降下が起きていますが、国家が規制をかけているのが中央集権型取引所であり、分散型取引所が閉鎖するような事態は考えにくいため、今後主要になるのがDEXと呼ばれる分散型取引所です。
仮想通貨 バイナンスコイン(BNB)とは/今後の将来性について
仮想通貨バイナンスコイン(BinanceCoin/BNB)とは何か、また今後の将来性についてを解説しました。バイナンスコインはその特性上、Binanceの信用度や成長性に大きく影響を受ける通貨で、手数料割引や投票制度などで使われています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用