ゴールドマンサックス:ビットコイン再び2月の最安値より下落する可能性・原因はMtGOX問題

ビットコイン価格の下落予想
ゴールドマンサックス投資銀行のアナリストであるSheba Jafari氏は3月11日のビットコイン価格下落を受け、このまま2月の安値である5922ドル(約63万円)まで価格が急下落する可能性があると警告しました。
2月の安値の要因とその後の不安定な価格変動
Mt.Goxの破産管財人である弁護士、小林信明氏が多額のBTC/BCHを売却した翌日の2月6日にビットコイン価格が急下落、5922ドル(約63万円)を記録しました。この後回復の兆しを見せるも価格は低迷し、今回の下落予想に至っています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコイン価格、2月以来再び5000ドル台まで下落の可能性

3月11日にビットコイン価格が9210ドル(約98万円)の短期サポートラインを割り8400ドル(約89万円)に迫る下落を見せたことを受け、ゴールドマンサックス投資銀行のアナリストであるSheba Jafari氏は、ビジネスインサイダー掲載の分析レポートで、以下のように警告しました。

今回の下落からさらに急下落を見せ、2月の安値である5922ドル(約63万円)まで価格が落ち込む可能性に直面している。

同氏によれば、直近の不安定な価格変動は2月はじめにMt.Goxの破産管財人である弁護士、小林信明氏によって多額のBTC/BCHの売却がなされたことが原因とのことです。

実際、2月に小林信明氏が多額の売却を行なった翌日にビットコイン価格は急下落、その際記録した安値が5922ドルでした。

今回の下落予想もここに端を発します。

Mt.Goxによる2月の多額のBTC/BCH売却について

先日MtGoxから東京地方裁判所に提出された『報告書(平成30年3月7日)』にて、2017年12月から2018年2月の間に、以下に示すビットコイン及びビットコインキャッシュの合計 429億8804万4343円分が売却されていたことが明かされています。

仮想通貨の種類 売却数量 破産管財人口座への入金額
BTC 35,841.00701BTC 382億3138万9537円
BCC 34,008.00701BCC 47億5665万4806円
合計入金額 429億8804万4343円

※Mt.Goxの『報告書』より引用

続いてこちらがその時のビットコイン価格のチャートになります。

coinmarketcap.comより引用

Mt.Gox破産管財人の小林信明氏がBTC/BCHを売却した翌日にビットコイン価格は急激に下落し、5922ドル(約63万円)を記録していることが分かります。

それ以降価格回復の兆しが見られない中、今回、3月11日に8400ドル(約89万円)に迫る下落に至ったという経緯です。

今後のポイント

Sheba Jafari氏は今後に関して次のように述べました。

7,198ドル(約76万円)から7,687ドル(約81万円)の範囲が次の重要なレベルであり、また、ビットコイン価格安定のためには、2月26日のラインである9,322ドル(約99万円)まで戻る必要がある

一方、Mt.Goxの保証金に関しては管財人である小林信明氏の動向が鍵になるようです。

2月の売却について「私と関係者はパニックになり底値でビットコインとビットコインキャッシュを売却してしまった」と話す小林信明氏ですが、Mt.Goxの保証金の全ては法定通貨に換金されておらず、さらなるビットコインやビットコインキャッシュの売却が行われるのか、あるいはビットコインのまま保証されるのか、ソーシャルメディアの注目が集まっています。

ビットコインニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用