市場全体が暴落している中で安定性を持つ仮想通貨4選

仮想通貨全体が下落の中、安定している通貨とは
12月下旬から仮想通貨全体が暴落し始め、どのように自分の資産を守っていくか試行錯誤されていると思います。その暴落の中でも安定している通貨(ペッグ通貨)や金本位制に似た仕様を持つ通貨など紹介します。
下落相場の中、安定している通貨一覧
通貨名 裏付け 取り扱い取引所
DigixDAO (DGD) 取り扱い取引所
NuBits (USNBT) BitShares(BTS) 取り扱い取引所
Dai (DAI) USD(米ドル) 取り扱い取引所
Tether (USDT) USD(米ドル) 取り扱い取引所

coinmarketcapのデータ参照。

全面安の中、価格をキープor逆行高を見せている。

通貨一覧詳細

DigixDAO (DGD)

DigixDaoはシンガポールを拠点とするイーサリアムをサポートする企業が運用する仮想通貨です。

金の保有量により紙幣を発行する金本位制と似たコンセプトで、金と連動する仮想通貨であるため、仮想通貨のボラティリティーでも資産を担保出来ます。

株主と似たような仕組みで、DGDの取引で発生する手数料の一部が3ヶ月に一度配当される権利も発生します。

ビットコインを初めとする仮想通貨全体が下落の中でも価格が上昇し、ユーザーがDGDのような金本位制に似た通貨に逃げているように思えます。

NuBits (USNBT)

NubitsはBitSharesの通貨”BTS”によって価値が保たれている通貨で、1NBT=1USDで安定する通貨です。

価格固定は、基本的にユーザーが取引所に1ドル前後の巨大な売買注文を出すことにより保たれています。

1ドルの価値を保つために、USNBTの需要が上昇し価格も上昇しそうになった場合はNuBitsを新たに生成し供給量を増やし、需要が低下し価格も低下しそうになった場合は「Parking」と呼ばれる方法でNuBitsの供給量を抑制するというかたちになっています。

Dai (DAI)

テザーと同じようにペッグ通貨になることを目指している1つで、1 DAI=1 USDの価格が保たれています。

Daiは、Maker (MKR) とセットになっている仮想通貨です。

Daiの価格安定を管理するのがMakerの役割で、安全性の高いMakerのプラットフォーム上で担保された資産によって、その価値が保証されます。

Tether (USDT)

Tether(テザー)とは、米ドル(USD)の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨です。

しかし、テザーLimitedの監査機関であるFriedman LLPとの関係が解消されたことで、担保となるUSDを保有せずにUSDTを発行し、ビットコイン価格を操作しているのでは?という疑惑が浮上し、議論の対象となっています。

仮想通貨 Tether、USDTとは/法定通貨と同価値になるペッグ通貨
時価総額上位の人気仮想通貨であるTether(テザー)の特徴と将来性について、投資初心者にもわかりやすく解説。日本円(JPY)等の法定通貨とほぼ連動した価値を持つ仮想通貨です。USDTもTetherの一種で、米ドル(USD)とほぼ同価になるよう調整されています。

他通貨一覧

bitUSD (BITUSD)

裏付けがBitShares(BTS)で、USDの価値に合わせている通貨です。

bitCNY (BITCNY)

裏付けがBitShares(BTS)で、中国人民元の価値に合わせている通貨です。

CoinPost考察

なお、これらの通貨は、安定した資産が裏付けされていますが、テザーで話題になったように、その裏付け資産が本当に確約されているかがわからない通貨も多数存在します。

仮に裏付けがないことが公になるなど、問題が露呈した際に価値が暴落する危険性もあることは理解する必要があります。

ボラティリティが高い仮想通貨市場で、安全資産を裏付けとする通貨でも、自分で調べた上で、適度に利用や投資に活かすことが大事となります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加