CoinPostで今最も読まれています

ライトニングネットワークがメインネットでβ版稼働|Twitter CEOらが2億円越え出資

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ライトニングネットワーク、ベータ版がメインネットで稼働可能に
米スタートアップ企業のLightning Labsが発表した”lnd 0.4-beta”を利用することにより、ビットコインのメインネットワーク上で実験的にライトニングネットワークを稼働させることが可能になりました。
        
これを受け、250万ドルの追加出資を受けたことを表明
Lightning Labsは同日250万ドルにも及ぶ追加出資を受けたことを明らかにしました。出資元はTwitterCEOであるJack Dorsey氏など業界の重鎮で占められており、ライトニングネットワークへの期待度の高さが伺えます。

ライトニングネットワークがメインネットで稼働可能に

スケーラビリティ問題を含む様々なビットコインの問題を改善する可能性があるとして、近年ビットコイン関連技術の中で最も注目を浴びているライトニングネットワーク

増えすぎたトランザクションの一部をメインのブロックチェーンの外、オフチェーンで処理することにより、スケーラビリティだけでなくの送金のコスト、時間を大幅に下げることが期待されています。

CoinPostの関連記事

ライトニングネットワーク:注目すべきビットコイントレンドVo.2
ビットコインメインネットで展開する予定のライトニングネットワークについて解説します。ビットコインの問題点の解決策として最も期待されている一つがライトニングネットワークです。

そのライトニングネットワークの開発において第一線を走っている米スタートアップ企業のLightning Labsが、第四回目のメジャーアップデートとして”lnd 0.4-beta”を発表しました。

今回アルファ版からベータ版へと名前を変えており、このバージョンアップによってついにビットコインのメインネットワーク上で稼働させることができるようになりました。

ただし、今回のバージョンアップは開発者に向けて公開したものであり、送金テストを行う際は少額の金額を使うよう推奨しています。

今回の新機能と今後の展望

今回のメジャーアップデートの新機能は、メインネットでの稼働だけではありません。

以下はその一部であり、彼らの公式ブログでより詳細な情報を確認可能です。

新しい鍵生成システム、deterministic keysの採用

この鍵システムの採用により、lndのノードのバックアップが容易になりました。そして、データの損失や故障からの復帰がよりシンプル、かつ信頼性の高いものになります。

bitcointdへの対応

ビットコインのノードクライアントの実装方式は一つではありません。前バージョンまで、lndはbtcdの利用が必須でしたが、今回のアップデートによりbitcoindの利用も可能になりました。

大幅に改良された対故障性

今回のアップデートにより、電源の故障、ネットワークの故障、ハードウェアの故障、およびその他の予期できない故障に対し堅牢性と安定性を向上しました。リカバリー情報は常に保存されるようになり、ノードの再起動やネットワークへの再接続の際に適切に利用されます。

Segwitアドレスのみ対応

旧式のアドレスを切り捨ててSegwit対応アドレスのみを処理対象とすることで、オフチェーン、オンチェーン両方のトランザクションの手数料を低く抑えることができ、ネットワークの健全化を促進できます。

クロスチェーンアトミックスワップによるライトコインの対応

今回のアップデートには含まれていませんが、クロスチェーンのアトミックスワップを用いてライトコインへ対応することを今後の実装予定としています。

新たに250万ドルの追加投資を獲得

また、Lightning Labsは同日に、新たに250万ドルの投資を受けることを発表しました。

これらの資金提供元は、TwitterのCEOであるJack Dorsey氏、モバイル決済サービスであるSquare Capital役員のJacqueline Reses氏、Litecoinの創始者であるCharlie Lee氏、PayPalの前COOであるDavid Sacks氏などのビッグネームで占められており、如何にこのライトニングネットワーク技術が期待され、そして必要とされているかがうかがえます。

Sack氏は米仮想通貨メディアのCoinDeskに対してコメントを寄せており、

「ライトニングネットワークはビットコイン上で実装されるプロトコルの中で最も重要なものであり、Lightning Labsはこのプロトコルの一番優秀な開発者集団である。」

と述べています。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧